HAL Pharmacy

ツムラ 茵蔯蒿湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 茵蔯蒿湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 茵蔯蒿湯 エキス顆粒(医療用)

  • 茵蔯蒿湯

    茵蔯蒿湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

黄疸急性肝炎慢性肝炎胆のう炎肝硬変ネフローゼじんましん口内炎血清肝炎カタル性黄疸急性腎炎

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 茵蔯蒿湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0741 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0869 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【茵蔯蒿湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1二日酔い

治例図 28歳の男性。
普段あまりお酒を飲むことがないのだが、仕事のつきあいで久しぶりに飲んだところ、翌日に激しい二日酔いになってしまったという。症状としては、顔色は悪く、頭痛、吐き気、尿利減少、少し熱感を感じるという。舌の状態は真っ白。まさに二日酔いのデパート状態だった。茵蔯蒿湯と五苓黄解液をすぐ服用させ、3~4時間ごとに服用するようにした。後日、本人が言うには、最初服用したものはすぐに吐いてしまったが、2回3回と服用していくうちに、尿がでるようになり、激しい二日酔いは起きなくなったという。

・現代病名:二日酔い

区切り線

2〈非A非B肝炎〉

治例図 38歳、男性、教師。
2年前に胆石症の手術を受け、その際、保存血液輸血を400m1行った。以後、肝機能障害もなく経過していたが、最近になって全身倦怠感が強くなり、近医を受診したところ、GOT250ku,GPT180ku,T-Bi12.Omg/dlと言われた。肝炎には和漢薬治療がよいと知人に知らされ来院した。身長167㎝、体重70㎏。顔面わずかに紅潮し、眼球結膜が軽度に黄染している。全身倦怠感が強い。口苦、食欲不振、身体内部の熱感がある。また、暑がりで、手足が火照り、冷水をしばしば飲む。大便は2日に1回。便色は正常であるが臭いが強い。水を飲む割には小便が少なく、尿回数は1日4回前後である。脈は沈、緊で力がある。舌は舌尖が紅く、腫大し乾燥した白黄苔に厚く覆われている。腹力は中等度で、少しく膨隆し、軽度の胸脇苦満がみられる。高ビリルビン血症、口渇尿量減少と脈が有力なことから、茵蔯蒿湯を投与した。約1ヵ月の服用によってGOT45ku,GPT28㎞,T-BH1.5㎎/dlとなった。胸脇苦満が取り去れず、イライラ感もみられたため、小柴胡湯を以後併用したところ、2ヵ月目で諸検査成績は正常化した。

弁証論治 リンク肝胆湿熱証 »

・現代病名:慢性肝炎

区切り線

3〈こまめに処方を変更して完治に導いた〉

治例図 R君(当時22歳〕は、生まれて間もなくアトピー性皮膚炎と診断され、20年以上も症状が続いていました。皮膚が赤くがさがさになって、のどの渇きや、立ちくらみなどの自覚症状がありました。

高名な漢方研究医の診察を受けたところ、温清飲と茵蔯蒿湯を交互に飲むように指示されました。1週間後、汗をかきにくかったR君が汗をかくようになったところで、十味敗毒湯と越婢加朮湯に処方が変更されました。

これをしばらく続け、快方に向かっていましたが、9ヵ月後に炎症が再発。かゆみが出たため、今度は温清飲と越婢加朮湯が処方され、併行してオリーブオイルを外用するように指示されました。3ヵ月後、調子がいいので自分で薬を中断したところ、顔に湿疹が出て、ほてりとのどの渇きを覚えました。

医師に報告すると清上防風湯と越婢加朮湯を処方され、この服用を続けたところ、以後、再発はしなくなったということです。

・現代病名:アトピー性皮膚炎

区切り線

4〈薬物性じんましん〉

治例図 53歳、女性、やせ型です。

頭痛があるので鎮痛剤ばかりのんでいましたら、全身にじんましんができてかゆいとのことです。かきむしりのあとがすごいです。お医者さんに行って注射とのみ薬をもらいましたが、眠くて仕方がないということでした。セレスタミンを服用中です。顔のむくみが少々あります。むかつきがあるとのことです。

茵蔯蒿湯を5日分お渡ししました。

便秘をしていなかったのに茵蔯蒿湯を使ったので、そちらの苦情が出るかなと思いましたがありませんでした。

全身のじんましんは、きれいに治りました。

・現代病名:蕁麻疹

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク皮膚病と湿熱 »
リンク脾胃湿熱(湿熱阻滞脾胃) »
リンク肝胆湿熱 »
リンク中焦に湿熱の邪が侵入した場合 »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

茵蔯蒿湯

八法下法:腸胃を蕩滌(とうじょう)して大便・積水・悪血などを瀉出し、腸胃に停留している宿食・燥尿・実熱・冷積・瘀血・痰結・水飲などを下窮から排出し、病変を解除する治法です。

【中薬大分類】祛湿剤…停滞した水液(湿)を除去する方剤です。

【中薬中分類】清熱祛湿剤…熱性の湿を除去する方剤です。熱邪と湿邪を清泄します。

八綱分類裏熱実(りねつじつ) 裏 熱 熱 実 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(炎症)、実証(比較的体力充実)、湿証(尿量が少ない)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
湿熱(しつねつ)清熱化湿法の薬物のみからなり、湿熱全般に対する代表的処方です。
消炎・滲出の抑制・鎮静に働くと同時に強い利胆作用をもち、一般には炎症性の黄疸によく用いられますが、滲出・カタル傾向をもつ皮膚・消化器の炎症に広く用います。湿熱のうちでも熱証の強いものに適し、いらいら・のぼせなどをしずめるので肝胆湿熱に向くとされています。
瀉下効果もそなえているために、胃腸が弱く下痢(泄瀉)傾向を呈するときには向かないですが、大腸炎などの下痢(泄瀉)には承気湯類と同様に治療効果を示します。また止血作用もあるので、炎症性出血に用いてもよいです。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】湿熱の黄疸・陽黄(熱が湿より重い)(しつねつのおうだん・ようこう)

【中医学効能(治法)】 清熱除湿・利胆退黄・清熱化湿法

【用語の説明】(term)

リンク清熱(せいねつ) »…熱をさますことです。身体の内部の熱を冷ますことです。体表の熱の場合は解熱といいます。

リンク除湿(じょしつ) »…体内の余分な水分を排出させることです。

リンク利胆(りたん) »…胆嚢の働きを良くすることです。


診断のポイント

【ポイント参照】

黄疸、熱、小便不利
●胸からみぞおちのつかえ
心下痞、腹満、便秘
熱邪湿邪より強い


このページのトップへ

舌 診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

茵蔯蒿湯の構成生薬は下記の3種類です。
黄疸の要薬とされる茵ちん蒿と山梔子、それと下剤の大黄です。便通をよくすることは、肝性脳症を防ぐことにもつながります。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.50gを含有する。
日本薬局方 サンシシ(山梔子)…3.0g
日本薬局方 ダイオウ(大黄)…1.0g
日本薬局方 インチンコウ(茵蔯蒿)…4.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
茵蔯蒿  山梔子  大黄 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●成分:大黄の子宮収縮作用により、流早産の危険性があるので、妊婦、または妊娠している可能性のある方はなるべく使用しないでください。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【茵蔯蒿湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク茵蔯五苓散 » …小便不利、口渇、浮腫があり、便秘はない。腹壁の緊張が弱く、心窩部振水音を認めるような場合。すなわち水飲内蓄と脾胃湿熱の証に用いる。

 
 

リンク大柴胡湯 » …上腹部より胸部にかけての膨満感、不快感が本方より軽いが、季肋部の抵抗・圧痛が顕著の場合(胸脇苦満、心下急、便秘)

 
 

リンク小柴胡湯 » …大柴胡湯と似ているが、季肋部の抵抗・圧痛の程度がやや弱く、便秘を伴わない場合に用いる。(少陽病半表半裏証)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


備 考

【備考参照】

中医師 (remarks)
次の5つの症状が現れたら茵蔯蒿湯
黄疸には至らないまでも、病気になる場合は前兆が現れることがほとんどです。
①上腹部が詰まった、あるいは張った感じで苦しい。
②気持ちが悪く吐き気がする。
③のどや口が渇く。
④水分を十分に補給しているのに小便・大便が出にくい。
⑤首から上の前頭部だけ汗をかく。
さらに、発熱が加わる場合もありますが、まず、これら5つの症状がそろって現れた場合は、茵チン蒿湯を試してみるとよいでしょう。なぜなら、5つの症状がそろった場合には、胃腸だけでなく肝臓の機能に問題が生じたと考えられるからです。
肝機能が低下すると、肝炎や肝硬変、また口内炎やじんましんも発症することがあり、いずれも茵チン蒿湯を用います。中でも急性肝炎は茵チン蒿湯だけで治ることが多いのですが、慢性肝炎や肝硬変の場合、実証の人には大柴胡湯や小柴胡湯などの柴胡剤と合方すると一層よいとされています。

●主治:脾胃湿熱・黄疸
●効能:清熱祛湿・退黄

ハル薬局 このページのトップへ