HAL Pharmacy

ツムラ 麻黄附子細辛湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 麻黄附子細辛湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 麻黄附子細辛湯 エキス顆粒(医療用)

  • 麻黄附子細辛湯

    麻黄附子細辛湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

風邪、咳、蓄膿症アレルギー性鼻炎気管支喘息気管支炎、流感、肺炎神経痛

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 麻黄附子細辛湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0737 42包(2週間分) 5,673円(税込)
数量
k0865 189包(63日分) 21,664円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【麻黄附子細辛湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈アレルギー性鼻炎〉

治例図 55歳、主婦。
10数年来のアレルギー性鼻炎で四季を問わず、急に冷えこんだ朝に、くしゃみが頻発し、眼がかゆくなり、水様の鼻汁が多量に出ます。

これまで抗ヒスタミン剤の投与を受け、その場をしのいできましたが、抗ヒスタミン剤を服用すると眠気と全身倦怠感が起こり、1日中寝ている始末です。半年ほど前よりステロイドと抗ヒスタミン剤の合剤(セレスタミン)の投与を受けましたが、顔面に皮疹が出現し、顔も腫脹してきたので、和漢薬治療を希望して来院しました。

身長156㎝、体重43㎏、体温36.3℃、血圧234/82mg。
蒼白な顔貌で、貧血様。四肢が冷え、いつも厚着をしているといいます。脈は沈んで細、弱。舌はやや淡白紅で、薄い白苔がみられます。腹力は軟弱です。他は特記すべき所見はありません。

肺陽気虚で、寒に侵された病態と考え、麻黄附子細辛湯を投与しました。セレスタミンは中止としました。服薬した翌日より身体の温まりを感じ、鼻閉感、全身倦怠感も半減。

以後4ヶ月間続服中ですが、鼻炎症状は全く起こらず、眠気もこなくなったとのことです。

弁証論治 リンク寒邪犯肺・風寒束表証 »

・現代病名:アレルギー性鼻炎

区切り線

2〈感冒〉

治例図 55歳の男子。
平素虚弱体質のもの。公務出張で寒い国の温泉に浴し、風邪をひいて、無理をして帰った。悪寒がして熱が39度となった。元気なく、悪寒がして耐えられない。よくよく疲れていた。脈は沈んで細く弱い。麻黄附子細辛湯を2日分与えた。一貼を服用すると全身温まり、こころよく汗が出て、午後はすっかり治った。このように効く風邪薬をのんだのは初めてであると感謝された。

弁証論治 リンク風寒(表寒)証 »

・現代病名:感冒

区切り線

3〈麻黄附子細辛湯が効いた〉

治例図 Wさん(45歳・男性)は中間管理職です。3週間ほど前からかぜをひいていたにもかかわらず、会社では冷房のきいた部屋に長時間いなくてはならなかったため、体が冷えきってしまい、ついに肋間神経痛になってしまいました。
かぜも治っていないために、激しいせきが出るのですが、せきをするたびにわき腹がひどく痛み、しゃがみ込んで痛みをこらえるという有様でした。病院の薬だけではなかなか改善しなかったため、思いきって漢方専門薬局を訪れました。
そこで勧められたのは、麻黄附子細辛湯です。せきから肋間神経痛になることも多いそうで、この漢方薬はせきやかぜを治すとともに、肋間神経痛をも治すと説明されました。
実際、この薬を服用するようになってからは、体が温まり、だるさも取れ、せきもだんだん出なくなってきました。せきが出なくなると、自然に肋間神経痛の痛みもなくなり、2週間で完治しました。

・現代病名:肋間神経痛

区切り線

4〈3ヵ月も続いた微熱が漢方で改善〉

治例図 Kさん(32歳・女性)は、3ヵ月ほどのどの痛みと微熱、体のだるさが続いていました。病院でレントゲンを撮ったり、肝臓の検査をしても異常がなく、微熱の原因が何もないため、医師からは特に心配はいらないといわれました。
しかし、本人としてはやはり心配であったため、漢方研究医を訪れたところ、春先にひいたかぜが長引いて、体力が落ちているために微熱が出ていると診断され、麻黄附子細辛湯が処方されました。
すぐに、のどの痛みが取れ、1週間ほどで微熱もすっかりなくなりました。

・現代病名:微熱

区切り線

5〈桂枝湯と麻黄附子細辛湯を合わせる〉

治例図 Mさん(70歳・男性)は、鼻水、くしゃみ、軽い悪寒、のどの痛みなどがあって、漢方外来のある病院で診察を受けました。

医師は、Mさんが少し汗ばんでいること、胃の調子にも自信がないとの答えから、桂枝湯と麻黄附子細辛湯を処方。1包ずつ飲んでもらうと、1日で症状が取れました。

本来は桂姜棗草黄辛附湯という薬が最適なのですが、この薬は煎剤のみでエキス剤がないため、桂枝湯と麻黄附子細辛湯で代用したのです。この組み合わせは、かぜが抜けず長引いているときにも有効です。

弁証論治 リンク表寒虚証 »

・現代病名:感冒

区切り線

6〈麻黄附子細辛湯でアレルギーが改善〉

治例図 定年後、家庭菜園を楽しんでいるTさん(66歳・男性)は、この春先に突然、激しい目のかゆみと大量の鼻水に襲われました。

心配した奥さんに連れられ、漢方を扱う診療所を訪れたTさんは、アレルギー性の結膜炎と診断され、麻黄附子細辛湯を処方されました。

2週間ほど飲み続けたところ、Tさんのアレルギー症状はすっかり消え、とて も元気になりました。夏野菜の収穫を楽しみに、再び家庭菜園作りに励むようになったTさんは、今後も漢方薬を飲み続けようと思っています。

弁証論治 リンク風寒(表寒)証 »

・現代病名:アレルギー性結膜炎

区切り線

7〈老人の肺炎をこじらせずに済んだ〉

治例図 Iさんのお祖父さん(77歳)は、冬のある日に、なんとなくだるいといって、早めに布団を敷いて床に就きました。本人は「少し体が冷えたから」とだけいっていましたが、いつもと少し様子が違うので、Iさんは心配になりました。

かかりつけの医師に往診を頼むと、あいにく出張中で明日戻るとのこと。そこで、知人が勤めている近所の漢方薬局に連絡し、お祖父さんの様子を見てもらったのです。すると、悪寒がするといって、しきりにたんを出そうとしている様子から、麻黄附子細辛湯を飲んで、なるべく早く往診を受けるようにとアドバイスをされました。

翌日、駆けつけた医師は「肺炎」と診断。漢方薬のおかげで状態がよかったこともあり、お祖父さんは在宅で療養し、1週間で元気になりました。

弁証論治 リンク風寒(表寒)証 »

・現代病名:肺炎

区切り線

8〈長引く咽頭炎が完治〉

治例図 看護師のMさん(51歳・女性)は、のどが痛んだので、勤務先の漢方を処方する医院でみてもらったところ、咽頭炎を発症していると診断されました。

20代の看護師Tさんも同様の症状で、二人とも虚証タイプだったため、麻黄附子細辛湯桂枝湯が処方されました。

しかし、Tさんが2、3日で治癒したのに対し、Mさんは改善せず、処方を柴胡桂枝湯に変えてもらったのですが、やはりかんばしくありません。実は、Mさんは医院の休診日に夫の実家で介護をするなど、休息が取れない状況で、体力が落ちていたのです。

そこで、柴胡桂枝湯十全大補湯を加えて処方してもらい、3日間服用したところ、症状はすっかりなくなりました。

・現代病名:咽頭炎

区切り線

9〈よく効く漢方薬を常備薬に〉

治例図 S子さん(31歳)は体が細く、どちらかというと虚弱なタイプです。しょっちゅうかぜをひき、勤めを休むこともしばしばです。

いったんかぜにかかると起こる症状は、のどがチクチクと痛み、寒気がし、発熱する(38度ぐらいになる)というものです。

熱があっても寒く感じ、顔色も当然悪くなります。かぜをひくと、たいてい2日か3日は寝込みます。あまりつらいときは、近所の医院に行って診てもらうこともあるのですが、いつもうまく治りませんでした。

そこで、麻黄附子細辛湯という漢方薬を飲んでみたところ、1回か2回の服用で、治ってしまいました。すべての症状がすぐに消えたのです。

S子さんは、その後も麻黄附子細辛湯をかぜのときの常備薬として使っています。

・現代病名:かぜ

区切り線

10〈高齢女性に麻黄附子細辛湯が的中〉

治例図 〔患者〕八十一歳の女性。秋から冬にかけて少し寒くなってくると、よく風邪をひく。平素から体が弱いほうで、食欲も少なく、家族にすすめられるままに食べるという。暖かい日はときどき戸外に出る。

〔症状〕昨年の秋の終わりに風邪気味となり、寒気ばかりして熱感はなく、布団をかぶり寝てしまい、体がだるく、手足が冷え、頭痛、咽頭痛を訴え、薄い鼻水や痰も少し出る。食欲も元気もなく、横になって寝ていることを好む状態。

〔漢方的特徴〕患者は老人であり、虚弱な体つきの方で、いかにも元気がなく顔色も青白い。風邪をひいても熱は高くならず、寒気がして全身が甚だし<だるく、すぐに横になる。背中を寒がって手足も冷える。

数年前の風邪のときは、いまよりも体つきがしつかりしていた。寒気や発熱があり、肩や背中がこってきたので、葛根湯を服用すると少し発汗して治った。

ところが、今度は葛根湯を服用しても、かえって体がだるくなり、よくならないので、ほかの薬はないかと来院した。

〔治療経過〕患者の年齢や身体の状態、風邪の症状-つまり、元気がなく、顔色が青白く、寒気はするが熱は上がらず、だるさが強い、薄い痰が出るなどを総合的に判断して、麻黄附子細辛湯を与えたところ、一日分服用tただけで寒気がとれ、体が温まって気分がよくなった。

さらに二日分服用して咳や頭痛、体の痛みもよくなってきたと大喜ぴだった。

・現代病名:老人の風邪

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク陽虚 »
リンク風寒(表寒) »
リンク表寒虚 »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

麻黄附子細辛湯

八法汗法:肺気を宣発し営衛を暢調にして膜理を開泄することにより、「遍身にちゅうちゅうと汗出づ」の状態にし、肌表にある外邪を汗とともに解除する治法です。

【中薬大分類】解表剤…発汗、解肌、透疹等をうながして、初期の感冒等表証に対処する方剤です。主に外感病の初期に使用します。

【中薬中分類】扶正解表剤…正気を補いながら解表する方剤です。虚証の外感表証に用います。

八綱分類表寒虚(ひょうかんきょ) 表 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、表証(急性期)、寒証(悪寒)、虚証(虚弱)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
気虚…氣が不足している方が使用します。氣の作用の不足で、全身の機能・代謝・抵抗力の低下や興奮性の低下などに伴う症候を現します。 疲れやすい、元気が無い、活力低下などを特徴とします。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
陽虚の表寒(ようきょのひょうかん)…辛温解表の麻黄・細辛と補陽散寒の附子からなります。麻黄湯と同様の表寒・表実に用いますが、冷えが強く元気がなく(うとうと眠る)脈が沈の「陽虚の体質」の場合に適応します。附子で元気をつけ抵抗力を増し、麻黄・細辛で解表します。
一般には老人など虚弱者の感冒で、冷え・頭痛などが強く(悪寒を訴えないことが多い)、元気がないのを目標にする(体温の上昇もあまり顕著ではないです)。
発汗作用はあまり強くなく鎮痛効果にすぐれ、またすべてが散寒・利水の薬物であるところから、浮腫・鼻みず・頭痛・歯痛などで寒証を呈するものにも使用されます。熱証に用いると悪化させたり出血をきたすことがあるので注意を要します。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】陽虚・風寒表証(ようきょ・ふうかんひょうしょう)

【中医学効能(治法)】 辛温解表・利水・補陽散寒・疏散風寒

【用語の説明】(term)

リンク辛温解表法(しんおんげひょうほう) »…辛温解表法:辛温の薬で温め風寒の邪を体表から発散させる治療法です。悪寒、頭痛、発熱を治します。類語:祛風散寒法(きょふうさんかんほう)。

リンク利水(りすい) »…腎を温めて、脾を健全にすることです。尿や発汗のことです。水気を下行させて通利することです。利尿、導尿がそれです。薬物では猪苓・沢瀉・通草などにその作用があります。

リンク陽虚(ようきょ) »…陽虚;温める力が不足した状態です。陽気の働きが低下して、気虚の状態にさらに虚寒の冷えが加わる状態です。

リンク風寒表証(ふうかんひょうしょう) »…体表から風寒の邪が侵入して起こる悪風、頭痛、発熱などの症状です。


診断のポイント

【ポイント参照】

●悪寒のみ強く、熱感が少ない
●全身倦怠、無気力
●脉は沈で弱
●特別な腹証無し


このページのトップへ

舌 診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

麻黄附子細辛湯は、その名が示すよう、麻黄と附子と細辛の3種類の生薬からなります。
麻黄は発汗・発散作用をもつ代表的な生薬で、病因を発散して追い出すような働きをします。また、麻黄には薬理的にも重要な役割をする交感神経刺激薬のエアェドリン類が含まれます。この成分は、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用を示し、咳やゼイゼイする喘鳴をおさえます。これに、体をあたため痛みをやわらげる附子と細辛が加わります。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.75gを含有する。
日本薬局方 マオウ(麻黄)…4.0g
日本薬局方 サイシン(細辛)…3.0g
修治ブシ末(修治附子末)…1.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
麻黄  細辛  附子 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●他製剤との併用や、妊婦、子供の使用には注意が必要です。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【麻黄附子細辛湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク銀翹散 » …温病系風邪(風熱(表熱))辛涼解表剤、上焦風熱、衛分証、気分証に使用。熱感があり、悪寒はない。口渇、咽痛、咳嗽がある。感冒、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃腺、流行性耳下腺炎等。

 
 

リンク小青竜湯 » …体力中程度で、咳嗽、喘鳴をするが、無気力、冷え、悪寒が著明でない場合に用いる。(寒痰の喘咳)

 
 

リンク真武湯 » …体力の低下した人で、手足の冷え、悪寒、頭痛などは本方に似ているが、心窩部振水音、下痢、めまいなどが顕著である場合に用いる。(腎陽虚水泛)

 
 

リンク桂枝湯 » …比較的体力の低下した人で、頭痛、身体痛は似ているが、悪寒と、発熱がありしばしば自然発汗を伴い、脈が浮いて弱い場合に用いる。

 
 

リンク 呉茱萸湯 » …裏寒。頭痛と嘔気が著明。(寒飲上逆)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


ハル薬局 このページのトップへ