HAL Pharmacy

ツムラ 調胃承気湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 調胃承気湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 調胃承気湯 エキス顆粒(医療用)

  • 調胃承気湯

    調胃承気湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

便秘、小児の食あたり、むし歯の痛み、歯痛、歯齦痛、咽喉腫痛、しゃっくり

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 調胃承気湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0685 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0813 189包(63日分) 12,376円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク胃熱(胃火・胃火上炎) »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

調胃承気湯

八法吐法:嘔吐させることにより、咽喉・胸膈・胃カンなどに停留している痰涎・宿食・毒物などを口から排出する治法です。

【中薬大分類】瀉下剤…排便を促す方剤です。大便を通導し、腸胃積滞の排除・実熱の蕩滌・水飲寒積の攻逐等を行い、裏実を解消する方剤です。八法の中の【下法】に相当します。

【中薬中分類】寒下剤…冷やしながら下す方剤です。裏熱積滞の実証で便秘・腹満・腹脹・腹痛・潮熱・舌苔が黄・脈が実の場合に用います。

八綱分類裏熱実(りねつじつ) 裏 熱 熱 実 …証(体質・症状)は、一応裏証(慢性症状)、熱証(炎症)、実証(体力中くらい)の方に適応しますが、この方剤は、たいていの、どの証にも対応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
気虚…氣が不足している方が使用します。氣の作用の不足で、全身の機能・代謝・抵抗力の低下や興奮性の低下などに伴う症候を現します。 疲れやすい、元気が無い、活力低下などを特徴とします。
津液不足…津液の不足している方が使用します。人体の構成成分の滋潤作用を持つ津液の不足のことで、西洋医学的には脱水に相当します。主に発汗過多、尿量過多、出血が原因で起こります。 状態は口渇・多飲が特徴で、唇や皮膚の乾燥、便秘などの症状が現れます。一般には陰虚の範囲に含まれ、主に肺陰虚・胃陰虚を呈することが多く、暑がりの方に多く見られます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
裏実熱(熱結)(りじつねつ(ねつけつ))…大黄の清熱・瀉下の効能を利用した消炎・解熱・抗菌の方剤で、主として腹腔内臓器の炎症に用います。また、大黄のもつ利胆作用によって解毒・排泄を強め、腸管内の腐敗物・細菌・トキシンなどを排除すると供に吸収をブロックする、とも考えられます。
元来は陽明病・気分証の熱結で「高熱・多汗・腹満・便秘・はなはだしければ意識障害・舌苔が黄~褐色」などを呈する発熱性炎症の極期に用いました(症候から炎症性腸管麻癖と考えられる)。
腹満・便秘のときには、物理的に水分を保持して便を軟化させる芒硝を配合して大黄の瀉下作用を強め、また瀉下の程度が過大にならないよう緩和の炙甘草を加え、調胃承気湯として使用します。
以上のように、熱結に対する方剤です。ただし、熱結に対しては大量を使用する必要があります(エキス剤1日量の5~10倍)。
一般には腹腔内臓器の炎症で便秘傾向の場合に用いますが、大腸炎などのテネスムス・悪臭ある下痢にも消炎や炎症性産物の除去の目的で使用して有効です(下痢に下剤を用いることを「通因通用」といいます)。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】陽明熱結(ようめいねっけつ)

【中医学効能(治法)】 峻下熱結・瀉熱通便・清熱瀉結・瀉下

【用語の説明】(term)

リンク通便(つうべん) »…便通を良くすることです。

リンク清熱瀉火法(せいねつしゃかほう) »…寒涼性の生薬を用い、熱や火邪(高熱・口渇・顔面紅潮・目の充血・腹満)を除く治療法です。

リンク瀉火(しゃか) »…熱の過剰な状態を改善することです。


診断のポイント

舌 診

【舌診参照】

舌診【舌診】(tongue) 乾燥し、厚い黄苔、あるいは白苔を見ます。

舌診 舌診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

調胃承気湯は下記の3種類からなります。承気湯類に特徴的な大黄と芒硝、それに甘草を加えた処方です。大黄は中国原産の薬用植物で、アントラキノン系の大腸刺激性の下剤成分を含んでいます。芒硝は天然の塩類下剤といえ、便を軟化させ排便しやすくします。もう一つの甘草には緩和作用があり、便秘にともなう腹痛や排便時の痛みをやわらげます。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.75gを含有する。
日本薬局方 ダイオウ(大黄)…2.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…1.0g
無水ボウショウ(無水芒硝)…0.5g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
大黄  芒硝  甘草 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●大黄、芒硝により、流早産の危険性があります。
●授乳中は、乳児が下痢をする場合がありますので、使用には注意が必要です。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【調胃承気湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク大黄甘草湯 » …体力中等度の人を中心に、軽症ないし中等症の便秘に用いる。(緩下剤)

 
 

リンク桃核承気湯 » …体力が充実した人で便秘し、いわゆる癖の症状があ仇月経不順、月経困難を伴い、のぼせ、頭痛、不眠などの精神神経症状を呈する場合に用いる。(瘀)

 
 

リンク桂枝加芍薬大黄湯 » …虚証で、他の下剤を用いるとしぱしば腹痛を訴え、気持ちよい便通がない場合に用いる。(大陰病で一部陽明病にかかる)

 
 

リンク潤腸湯 » …体力中等度あるいはやや低下した人で、特に老人の便秘に用いる。陰虚証で、皮膚枯燥と大便秘結。(陰虚内熱の便秘)

 
 

リンク 麻子仁丸 » …潤腸湯に似ているが、大便秘結の程度がより軽度の場合に用いる。(陰虚による腸燥)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


ハル薬局 このページのトップへ