HAL Pharmacy

ツムラ 女神散 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 女神散 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 女神散 エキス顆粒(医療用)

  • 女神散

    女神散が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

更年期症候群、産前産後の神経症、月経不順、血の道症不眠症頭痛神経症自律神経失調症腰痛

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 女神散 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0678 2.5g×42包(2週間分) 6,330円(税込)
数量
k0806 2.5g×189包(63日分) 24,084円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【女神散の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈症状と一緒に夫婦喧嘩も治まった〉

治例図 夫とともにクリーニング店を切りもりしているJ子さん(52歳)。
わりあい元気で、大きな病気もなく毎日忙しく過ごしてきました。しかし、50の声を聞いてから生理が遅れ気味になり、肩こりやめまいに悩み始め、気分がふさいで接客もおっくうになってきたのです。また、ときにはイライラして夫にあたり、あまりしなかった夫婦喧嘩まで頻発する始末でした。
隣の漢方薬局の老店主がJ子さんのそんな様子に気付き、女神散柴胡桂枝湯を勧めてくれました。服用し始めて3週間ほどで肩こりとめまいが治まり、さらに1ヵ月後には、気鬱もイライラもなくなりました。J子さんの回復を最も喜んでいるのは、八つ当たりの的だった夫だということです。

・現代病名:更年期障害

区切り線

2〈血の道症に女神散〉

治例図 51歳、女性。

【現病歴】3年前に閉経して以来、種々の不定愁訴に悩まされるようになった。人に勧められ、加味迫遥散の錠剤を半年飲んだが無効であったという。
いちばん苦しいのは何かとたずねると、めまいとのぼせであるという。か一つとのぼせてくると汗をかく。また不眠を訴える。

【現症】身長160cm、体重60㎏。

体格はがっちりして便秘がち。脈、舌に異常なく、夜間尿は1回。
また腹証上も特記すべきものはない。血圧134-82。

【経過】はじめ黄連解毒湯を与えたが無効。
ところでこの患者は、いろいろの症状を訴えたが、主訴はいつも、めまいとのぼせであった。そこで女神散に変方してみた。
すると1か月後に、ほてりが減少し、めまいもとれて気分が非常に楽になってきた。
5か月後にはだいぶ眠れるようになり、気分も落ち着いてきた。
11か月後、ほとんど汗をかかなくなった。めまいはしない。ほてりもすっかりおさまってとても気分がよい。「おかげで助かりました」と述べて廃薬した。

・現代病名:更年期不定愁訴。特にめまいとのぼせ。

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク気血両虚(気血不足) »
リンク血?(?血) »
リンク気滞血? »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

女神散

八法和法:和解あるいは調和の作用によって病邪を消除する治法です。

【中薬大分類】和解剤…調和を行う方剤です。和解の方法により病邪を解除する方剤です。少陽半表半裏の邪を解除したり、肝脾不和・脾胃不和を改善するもので、八法の【和法】に相当します。

【中薬中分類】調和肝脾剤…肝と脾を調和する方剤です。肝気欝結による脾胃への横逆、または脾虚不運で肝陰が不足して疏泄が失調した脾虚肝乗により、胸脇脹痛・腹痛・悪心・嘔吐・下痢など肝胃不和・肝脾不和が見られるときに使用します。

八綱分類裏熱(寒)虚(りねつ(かん)きょ) 裏 熱 熱 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、虚証(体力中くらい)、血虚(血流不足・貧血症状)、気滞(抑うつ・不安)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
気滞…氣の働きがうまくいっていない方が使用します。氣の循環に停滞をきたした病態です。もっとも気滞に関連が深いのは内傷七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)と呼ばれる精神的ストレスで、「病は気から」と認識されているものです。 内傷七情は情緒系・自律神経系に影響して肝気欝結と呼ばれる抑うつ緊張の状態などを生じさせ、これに伴って各部位の気滞を引き起こします。
血虚…血が不足している方が使用します。血の濡養(栄養・滋潤)作用の不足による症候で、広義での栄養不良状態に相当します。 皮膚につやがない、爪の色が悪い、頭のふらつき、目がかすむ、しびれ感などの症状を呈します。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
気滞・心肝火旺・下寒・気血両虚(きたい・しんかんかおう・げかん・きけつりょうきょ)…理気薬で、蠕動調整・止嘔に作用して、胸苦しい・腹満・腹痛・悪心・嘔吐などを改善し、香附子・木香・川芎が抗うつに働きます。
また、瀉火の黄連・黄芩でのぼせ・ほてりを緩解します。散寒の桂皮・川芎・当帰・丁香は、下部の冷えを温めます。さらに、補血・活血・調経の当帰・川芎は月経調整・栄養補給・循環改善に作用し、補気健脾の人参・蒼朮・炙甘草が元気をつけ食飲を増します。以上の効能にもとづいて、気滞・冷え・のぼせなどを呈する気血両虚の方に用いると良いです。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】気滞・心火旺・気の上衡・血熱(きたい・しんかおう・きのじょうこう・けつねつ)

女性  男性 女性の使用が多い方剤です。

【中医学効能(治法)】 益気滋陰・清心火・理気・補血・瀉火・散寒・気血双補

【用語の説明】(term)

リンク益気(えっき) »…気を補充することです。

リンク滋陰(じいん) »…潤い、冷やす力、陰を補充することです。陰(液)を潤すと、陽(氣)即ち元気が出るということです。陰虚を解消することです。類義語:補陰・養陰・涵陰・育陰

リンク清心(せいしん) »…心の機能亢進状態を改善することです。

リンク理気(りき) »…理気:気の流れを良くすることです。気(氣)を正常に巡らせ機能を回復する治療法です。

リンク補血(ほけつ) »…血を補うことです。=益血、養血。

リンク瀉火(しゃか) »…熱の過剰な状態を改善することです。

リンク散寒法(さんかんほう) »…温める事によって寒邪をのぞく治療法です。

リンク気血双補剤(きけつそうほざい) »…補気剤と補血剤の構成を合方したものになります。ただし、血虚は多くの場合気虚に不随して発生するので、気血双補剤の主体は補気にあります。


診断のポイント

【ポイント参照】

●のぼせとめまい
●病状が限定して頑固(頭痛、肩こり)
心下痞と下腹部の抵抗、圧痛


このページのトップへ

舌 診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

女神散には、のぼせとめまいを治す生薬のほか、血行をよくするもの、水分循環を改善するもの、気のめぐりをよくし元気をつけるもの、胃腸の働きをよくするものなど、いろいろな生薬が配合されています。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス4.50gを含有する。
日本薬局方 コウブシ(香附子)…3.0g
日本薬局方 センキュウ(川きゅう)…3.0g
日本薬局方 ソウジュツ(蒼朮)…3.0g
日本薬局方 トウキ(当帰)…3.0g
日本薬局方 オウゴン(黄ごん)…2.0g
日本薬局方 ケイヒ(桂皮)…2.0g
日本薬局方 ニンジン(人參)…2.0g
日本薬局方 ビンロウジ(檳榔子)…2.0g
日本薬局方 オウレン(黄連)…1.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…1.0g
日本薬局方 チョウジ(丁子)…1.0g
日本薬局方 モッコウ(木香)…1.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
香附子  川芎  白朮  当帰  黄芩  桂皮  人参  檳榔子  黄連  甘草  リンク丁香(0) »  木香 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【女神散類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク加味逍遙散 » …動悸、不眠、精神不安など、種々の精神神経症状は似ているが、体質的に虚弱で、季肋部および下腹部に軽度の抵抗・圧痛を認める場合に用いる。(気血両虚で肝鬱化火)

 
 

リンク桂枝茯苓丸 » …体力中等度の人で、肩こり、頭痛、のぼせなどの精神神経症状は比較的軽く、下腹部に抵抗・圧痛がある場合に用いる。(瘀血が主症)

 
 

リンク桃核承気湯 » …体力が充実した人で、のぼせ、頭痛、めまい、不眠、不安などの精神神経症状が一層激しく、便秘傾向があり、下腹部の抵抗・圧痛が顕著に認められる場合に用いる。(下焦蓄血)

 
 

リンク温清飲 » …体力中等度の人で、のぼせ、手足のほてり、神経過敏などはあるが、精神神経症状は本方ほど多彩でなく、やや軽症の場合に用いる。(血虚と血熱)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


備 考

【備考参照】

中医師 (remarks)
女神散は、血の道症の治療に昔から広く用いられてきた処方です。

血の道症とは、女性の生理に伴うさまざまな症状のことで、更年期障害と必ずしも一致しませんが、現れる症状そのものは、更年期障害にとてもよく似ています。中でも、女神散がぴたりと合うのは、気分がふさぎ、人と話をするのを嫌がるような"鬱"(うつ)気味の人です。

のぼせやめまい、頭痛、動悸などがあって、誰にも会いたくないような気分の人がこの薬を用いると、さまざまな症状が緩和されていきます。ほかにも肩こりや、背中が熱くなり発汗するなどの、さまざまな症状に対応します。基本的な作用はオ血の解消で、配合されている当帰(トウキの根)や川キュウ(センキュウの根)は血流を改善する生薬、桂枝(ケイジュの若枝)は、のぼせの原因である気の上衝(じょうしょう)を治す生薬です。

ハル薬局 このページのトップへ