HAL Pharmacy

ツムラ 五積散 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 五積散 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 五積散 エキス顆粒(医療用)

  • 五積散

    五積散が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

胃腸炎、腰痛神経痛関節痛月経痛、月経困難症、更年期障害冷え症頭痛、感冒、関節リウマチ、胃炎胃アトニー胃下垂坐骨神経痛胃・十二指腸潰瘍、胃痙攣、疝気(腸疝痛)、月経不順、白帯下、喘息、気管支炎自律神経失調症不眠症、心悸亢進、冷房病

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 五積散 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0674 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0802 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【五積散の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈心臓性喘息

治例図 32歳の婦人です。
心臓性喘息と言われて10年も前から苦しんでいた。そのため人工流産を二度も行った。
足が冷えて小便頻数となり、暦傍より何か塊りがのぼってきて、心臓に向かってくると発作がおこるという。断末魔の苦しみである。脈沈遅で軟弱、心下に荷え、肝肥大して、心雑音を聴く。
五積散を与えたところ、非常に好転した。本方はよく肝を和し、脾を救い、気血を順らし、疾を去り、寒を逐う作用があるからであった。

・現代病名:心臓性喘息

区切り線

2〈冷房の冷え〉

治例図 40歳、女性、秘書。
体格中等度の人で、左肩から左側胸部や左背中にかけて痛み、腕がだるくて力が入らなくなって、麻摩するのではないかと心配して来院されました。オフィスの机の左上方から冷風が流れてきており、冷房が入るようになってから痛み出したということでした。下肢は冷えるのに上半身はあつくのぼせる冷えのぼせの典型的な状態でした。冷房対策を行ってもらい、五積散をのんでもらいますと、症状は次第に軽くなり、2ヶ月の服用でよくなりました。

・現代病名:冷え症

区切り線

3〈肛門痛〉

治例図 44歳の主婦、Mさんの治験例です。
Mさんは4月に草むしりをした後に腰が痛くなりました。腰とはいっても肛門の奥の方が痛むという症状で、外科や産婦人科でも診察を受けましたが、原因は不明でした。
半年以上たっても痛みがひかないため、Mさんは、漢方を扱う医院を訪ねました。そして、上熱下冷が著しく、足の冷えがかなりつらい、また下痢をしやすいとの訴えから、おなかの冷えがひどいと診断され、五積散加附子が処方されました。それから、毎日服用し続けたところ、半年以上も悩まされていた痛みが、わずか2週間できれいさっぱり解消してしまったのです。
女性の中高年期は、上熱下冷が認められることが珍しくありません。このような場合には五積散がよく用いられますが、特に冷えがひどい場合には附子を加えることで温補効果が高まり、より早く効き目が現れます。

・現代病名:腰痛

区切り線

4〈足腰の痛みに〉

治例図 55歳の女性。身長148㎝、体重55㎏。
脂肪太りで体質は冷え症、小便の回数が多く、生理不順でした。
梅雨時に腰から足にかけて痛み があると言って相談。仕事が花屋さんで、水にさわると体が冷えると訴えられました。背中がゾクゾクするような風邪をよく引き、そ んなときや冷えたときに腰痛、足 の痛みが起こります。
風湿と判断し、五積散を1日3回、1回4錠服用していただきましたところ、1週間で風邪の症状は消え、2週間日で腰や足の痛みも消えました。併用薬は苓姜朮甘湯でした。

・現代病名:腰痛

区切り線

5〈3ヵ月で目の乾きが解消〉

治例図 Rさん(35歳・女性)が漢方を扱う医院を訪れた最初の理由は、ひどいめまいでした。処方された真武湯を服用しはじめると、数ヵ月でめまいは改善したのですが、今度は目の乾きを強く自党するようになったのです。それまでも多少の自覚症状はあったものの、めまいの方がひどく、乾きは気にしていませんでした。
下半身の冷えが強いRさんには再度、真武湯が処方され、加えて今回は五積散も処方されました。これを朝、昼、晩と交互に服用したところ、1ヵ月後には目が乾かなくなり、その2ヵ月後には、ほとんど気にならない程度にまで症状が改善したのです。

・現代病名:目の乾き

区切り線

6〈胃弱の腰痛に五積散〉

治例図 女性60才、身長155㎝、体重53㎏のガッチりした感じの方である。1年ほど前からの腰痛で来店されました。

問診をしてみると体がガッチりしているわりには胃腸が弱く、夏の冷房や冬の冷え込みで下痢気味になり、腰が痛むそうです。

胃腸機能が弱いことと冷・寒を考えて五積散を推売して用法・用量通りに服用して頂きました。

2~3ヶ月の服用で食べ物もおいしく食べれるようになり、下痢もしなくなりました。

腰痛も気にならないほど楽になり、その後常備薬として1年位服用を続けています。

・現代病名:胃弱の腰痛

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

五積散

【中薬大分類】表裏双解剤…体表と体内を同時に治療する方剤です。

【中薬中分類】解表温裏剤…解表と温裏を同時に行う方剤です。

八綱分類裏(表)寒虚(り(ひょう)かんきょ) 裏 表 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、寒証(冷え)、虚証(体力中くらい)、湿証(水分停滞)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
気滞…氣の働きがうまくいっていない方が使用します。氣の循環に停滞をきたした病態です。もっとも気滞に関連が深いのは内傷七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)と呼ばれる精神的ストレスで、「病は気から」と認識されているものです。 内傷七情は情緒系・自律神経系に影響して肝気欝結と呼ばれる抑うつ緊張の状態などを生じさせ、これに伴って各部位の気滞を引き起こします。
血瘀…血の流れが悪い方が使用します。停滞し変性した非生理的血液の意味で、現代西洋医学的には微小循環系の障害が最も血瘀に近い病態と考えられます。 大まかには静脈系の停滞即ち鬱血に相当しますが、血液粘稠度の増大、凝固亢進、血栓、癒着、繊維化、増殖性病変、瘢痕、血腫などの様々な病態が含まれます。 また、紫斑・皮下点状出血や血管内の凝血(凍瘡など)、DICのような血管内凝固亢進にひき続く出血も血瘀と判断されています。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
経絡・臓腑の中寒・寒湿(けいらく・ぞうふのちゅうかん・かんしつ)…散寒を主とし化湿・利水・理気・止経・止痛の薬物を組み合わせて寒湿に対応させています。
また、見方を変えれば辛温解表・補血・健脾・調経・止咳・化疾・止嘔などの効能もあり、応用範囲は非常に広く、寒証に伴うほとんどすべての症状に適応するといえます。
冷房病・腰痛・関節痛・頭痛などの経絡の中寒、腹痛・下痢(泄瀉)・悪心・嘔吐・腹満などの臓腑の中寒咳漱・多痰・胸苦しいなどの肺の寒痰、月経痛・月経の遅れなどの月経異常、悪寒・頭痛・発熱などの表証、水様下痢(泄瀉)・白色帯下・浮腫などの寒湿、寒冷によって生じるくしゃみ・鼻みずなどの鼻炎、そのほか寒湿によって生じる様々な症候に奏効します。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】寒湿困脾(かんしつこんひ)

女性  男性 女性の使用が多い方剤です。

【中医学効能(治法)】 温経散寒・温中散寒・理気化湿・補血活血・辛温解表・通絡調経・利水・止痛

【用語の説明】(term)

リンク温経散寒法(おんけいさんかんほう) »…温・熱性の生薬を用いて体を温め、寒邪を除き関節痛や冷えを治療する方法です。

リンク温中散寒法(おんちゅうさんかんほう) »…温・熱性の生薬を用いて脾胃を温め、腹痛や冷え下痢などを治療する方法です。類語:温裏散寒法(おんりさんかんほう)

リンク理気(りき) »…理気:気の流れを良くすることです。気(氣)を正常に巡らせ機能を回復する治療法です。

リンク化湿(けしつ) »…体内の余分な水分を排出させることです。

リンク補血(ほけつ) »…血を補うことです。=益血、養血。

リンク活血(かっけつ) »…血の流れを良くすることです。

リンク辛温解表法(しんおんげひょうほう) »…辛温解表法:辛温の薬で温め風寒の邪を体表から発散させる治療法です。悪寒、頭痛、発熱を治します。類語:祛風散寒法(きょふうさんかんほう)。

リンク通絡(つうらく) »…経絡の気の流れを良くすることです。

リンク調経(ちょうけい) »…月経を調節することです。

リンク利水(りすい) »…腎を温めて、脾を健全にすることです。尿や発汗のことです。水気を下行させて通利することです。利尿、導尿がそれです。薬物では猪苓・沢瀉・通草などにその作用があります。

リンク止痛(しつう) »…痛みを止めることです。

リンク寒湿困脾(湿困脾胃)(かんしつこんひしつこんひい) »…湿邪によって脾胃の運化機能が障害されたものです。清涼飲料水の摂取過多・果物や生物の過食・潮湿の環境・雨に長くぬれるなどの条件によって発生しますが、本来脾胃が虚弱で津液の運輸が十分行われず痰湿が生じた方が罹患することが多いです。

リンク中寒(ちゅうかん) »…寒冷に中る(あたる)ことです。


診断のポイント

【ポイント参照】

虚証で顔色は不良
●上半身がほてり、下半身が冷える
●寒冷や湿気に対する順応性に乏しい


このページのトップへ

舌 診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

五積散には、痛みをとるもの、胃腸によいもの、血行をよくするもの、あるいは無駄な水分を取り去るものなど、いろいろな生薬が配合されています。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス4.00gを含有する。
日本薬局方 ソウジュツ(蒼朮)3.0g
日本薬局方 チンピ(陳皮)2.0g
日本薬局方 トウキ(当帰)2.0g
日本薬局方 ハンゲ(半夏)2.0g
日本薬局方 ブクリョウ(茯苓)2.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)1.0g
日本薬局方 キキョウ(桔梗)1.0g
日本薬局方 キジツ(枳実)1.0g
日本薬局方 ケイヒ(桂皮)1.0g
日本薬局方 コウボク(厚朴)1.0g
日本薬局方 シャクヤク(芍薬)1.0g
日本薬局方 ショウキョウ(生姜)1.0g
日本薬局方 センキュウ(川きゅう)1.0g
日本薬局方 タイソウ(大棗)1.0g
日本薬局方 ビャクシ(白し)1.0g
日本薬局方 マオウ(麻黄)1.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
蒼朮  陳皮  当帰  半夏  茯苓  甘草  桔梗  枳実  桂皮  厚朴  芍薬  乾姜  川芎  大棗  白芷  麻黄 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【五積散類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク当帰四逆加呉茱萸生姜湯 » …本方に比して裏寒が著明、下腹部、腰部、下肢の痛みや四肢末端の冷えが顕著な場合に用いる。(血虚受寒)

 
 

リンク当帰芍薬散 » …体力の低下した冷え症の人で、月経異常や下腹部痛があり、四肢の痛みは伴わない。血虚+水毒の証。

 
 

リンク桂枝加朮附湯 » …本方に比して体力が一層低下した人で、盗汗をかきやすく、四肢関節の腫脹、痔痛を訴える。(寒湿痺)

 
 

リンク八味地黄丸 » …中年以降とくに老齢者で、下半身の脱力感、痛み、しびれや腰痛などがあり、排尿異常とくに夜間の頻尿を訴える場合に用いる。腎虚の証。

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


ハル薬局 このページのトップへ