HAL Pharmacy

ツムラ 温清飲 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 温清飲 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 温清飲 エキス顆粒(医療用)

  • 温清飲

    温清飲が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

月経不順月経困難血の道症更年期障害神経症アトピー性皮膚炎ベーチェット病皮膚掻痒症湿疹蕁麻疹にきび肝斑(しみ)、黒皮症鼻血喀血子宮出血血尿口内炎高血圧肝障害アレルギー体質の改善、ひび

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 温清飲 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0668 42包(2週間分) 4,797円(税込)
数量
k0796 189包(63日分) 18,071円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【温清飲の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1血の道症(身体灼熱感)〉

治例図 45歳の女性です。
8年前から非常に疲れやすくなり、咽がはれて目が充血し、全身が火の中に入ったように熱くなり、心臓が止まりそうになります。この熱感は疲労後に多く、多い時には月に2~3回も起こります。また、入浴するとゆでだこのように真っ赤になります。5年前に子宮筋腫の手術をし、卵単の摘出をしています。左瞬から下腹部にかけて抵抗圧痛があり、瘀血によるものと考え、桂枝茯苓丸を与えますが効果がありませんでした。

この患者に温清飲を与え、3ヶ月間で数年に渡る灼熱感がほとんど改善しました。

弁証論治 リンク陰虚火旺証 »

・現代病名:血の道症

区切り線

2〈アトピー性皮膚炎〉

治例図 アメリカのシアトルで3人兄弟の真ん中として生まれ、生後1年6ヶ月までアメリカで育てられる。生後12ヶ月頃より、アトピー性皮膚炎が出始める。
平成2年1月来店時(3歳)は、ほぼ全身が赤く炎症し、その上にイモ粉をふいたように白くカサカサになっている。全身の痒みはかなり激しい。赤み、乾燥、痒みを目標に温清飲を投与する。症状が激しいので、大人量の1/2量位を投与した。2週間ずつ投与したが、半年を過ぎる頃から症状の改善がみられ、来店ごとに良くなっていくようである。オウレンを含む苦い薬であるが、嫌がらずにのむという。途中風邪のために、桂麻各半湯、真武湯を服用することがあったが、それ以外は継続して温清飲の服用を続けた。現在(平成4年9月)は、アトピー性皮膚炎があったとは思えない程きれいになり、七五三のモデルを写真館から頼まれたという報告を受けている。服薬は現在も、続行中である。

・現代病名:アトピー性皮膚炎

区切り線

3〈効果的だった漢方薬と番茶のうがい〉

治例図 Wさん(41歳・女性)は、耳鼻咽喉科でアフタ性口内炎の治療を受けましたが、よくなりませんでした。

小指の頭大の患部が2つあるのですが、ステロイド軟膏ではほとんどよくならなかったのです。そこで、漢方治療を受けることにしました。

処方されたのは、温清飲人参湯です。温清飲には痛みと炎症を抑える働きがあり、人参湯には胃の働きを高める作用があると説明されました。
それに口の中を清潔にするために、番茶でのうがいも勧められました。

治療を開始して10日ほどで、痛みが消え、潰瘍もきれいになくなってしまいました。

弁証論治 リンク陰虚火旺証 »

・現代病名:アフタ性口内炎

区切り線

4〈不快なほてり感が温清飲で取れた〉

治例図 Hさん(60歳・女性)は更年期で、顔や手足がほてるようになり、非常に不快な毎日を過ごしていました。しかも、ときどき顔や手足の皮膚がかゆくなるのです。皮膚の色も赤黒く、顔には黒っぽいシミができていました。

閉経を迎えてからもずっと、このような状態が続いていました。しかも、ほてりのために夜は布団をかけて眠れず、熟睡もできません。家にいるときは、スカートもたくし上げているほどで、靴下がはけないほど足のほてり感は強かったのです。

なんとか治したいと思ったHさんは、漢方専門薬局を訪れました。
そこで温清飲を勧められ、飲んでみたところ、ほてり感はほぼ1ヵ月で取れました。

しかし、完全に解消するまでには4ヵ月かかり、その後もしばらくは飲み続けるようにと指導され、合計8ヵ月間服用して完治しました。

弁証論治 リンク陰虚火旺証 »

・現代病名:ほてり

区切り線

5〈かさかさ肌が潤い、かゆみが消えた〉

治例図 Z君(15歳)は、幼いころからアトピー性皮膚炎で、ずっと治療を続けてきました。いろいろな治療を試しましたが、なかなか思うような効果を得られません。

かゆみが非常に強くて、皮膚はかさかさと潤いがなく、上半身では額と首、下半身では太ももの内側とひざ裏の皮膚がザラザラになって赤黒く変色していました。

そんなZ君は、中学に入ったころから、漢方薬を扱う薬局で指導を受けるようになりました。初めに温清飲を勧められ、だいぶ症状が軽くなりましたが、疲れたときに症状が悪化することから、次の処方を当帰飲子に変更。今度は、ほとんど皮膚のかゆみを覚えなくなりました。

1年ほど飲み続けると皮膚のかさかさが治り、かゆみに悩まされることもなくなりました。高校に入るころには外用薬の紫雲膏だけでも十分に症状がコントロールできるようになったのです。

・現代病名:アトピー性皮膚炎

区切り線

6〈杖なしで歩けるまでに回復〉

治例図 農業を営むTさん(78歳・女性)は、温清飲高血圧を治療していました。一方で糖尿病も患っていましたが、血糖値のコントロールはうまくできていたようです。

そんなある夏の日、庭木の剪定を植木屋に頼んだTさんは、炎天下で後片づけを手伝いました。大量に汗をかいた上に水分補給を怠ったのが災いし、その夜、Tさんは脳出血の発作で倒れてしまったのです。

退院後には右半身に軽いまひが残って、杖をつくようになり、今までの温清飲に加えて、交互に続命湯を服用しはじめました。

1年後には続命湯を釣藤散に換え、まひはほとんど分からないぐらいに回復。Tさんは、その後、亡くなるまでの5年間、杖なしで生活することができたのです。

・現代病名:脳卒中

区切り線

7〈皮膚が日光に過敏になった〉

治例図 M子さん(65歳・女性)は、初夏の日差しが強くなってきたころから、顔や首、腕など、素肌が日光にさらされている部分に赤くぶつぶつとした発疹が出て、かゆくなってきました。

これまでにこうした症状が出たことがなかったので、何かにかぶれたのかと思い、すぐに漢方薬を扱う医師にみてもらいました。M子さんは、自分の年齢のこともあり、ここ数年は漢方薬を扱っている医院を受診するようにしていたのです。

医師の診断では、皮膚を露出している部分だけに現れている症状であることから、年齢を重ねることによって皮膚の老化が進み、日光に過敏になってきたために起こった湿疹であろうとのことです。

処方されたのは温清飲と西洋薬の外用薬で、外用薬はかゆみのひどいときにつけるようにとのことでした。また、外出するときには、長袖につばの広い帽子や日傘などを使うようにすることも勧められました。

1週間ほど服用したところ、かゆみも治まり、発疹も引いてきました。その後はなるべく直射日光に当たらないようにしていることもあり、湿疹は出ていません。

・現代病名:湿疹

区切り線

8〈こまめに処方を変更して完治に導いた〉

治例図 R君(当時22歳〕は、生まれて間もなくアトピー性皮膚炎と診断され、20年以上も症状が続いていました。皮膚が赤くがさがさになって、のどの渇きや、立ちくらみなどの自覚症状がありました。

高名な漢方研究医の診察を受けたところ、温清飲と茵蔯蒿湯を交互に飲むように指示されました。1週間後、汗をかきにくかったR君が汗をかくようになったところで、十味敗毒湯と越婢加朮湯に処方が変更されました。

これをしばらく続け、快方に向かっていましたが、9ヵ月後に炎症が再発。かゆみが出たため、今度は温清飲と越婢加朮湯が処方され、併行してオリーブオイルを外用するように指示されました。3ヵ月後、調子がいいので自分で薬を中断したところ、顔に湿疹が出て、ほてりとのどの渇きを覚えました。

医師に報告すると清上防風湯と越婢加朮湯を処方され、この服用を続けたところ、以後、再発はしなくなったということです。

・現代病名:アトピー性皮膚炎

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク陰虚火旺 »
リンク出血・実熱 »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

温清飲

八法清法:熱邪を清解することにより裏熱を消除する治法です。

【中薬大分類】清熱剤…熱を除去する方剤です。清熱・瀉火・解毒・透熱滋陰などの効能により裏熱を改善する方剤です。

【中薬中分類】清臓脇熱剤…臓腑の熱を除去する方剤です。

八綱分類裏熱虚(りねつきょ) 裏 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(炎症・のぼせ)、虚証(体力中くらい)、燥証(皮膚の乾燥、口渇)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
血虚…血が不足している方が使用します。血の濡養(栄養・滋潤)作用の不足による症候で、広義での栄養不良状態に相当します。 皮膚につやがない、爪の色が悪い、頭のふらつき、目がかすむ、しびれ感などの症状を呈します。
津液不足…津液の不足している方が使用します。人体の構成成分の滋潤作用を持つ津液の不足のことで、西洋医学的には脱水に相当します。主に発汗過多、尿量過多、出血が原因で起こります。 状態は口渇・多飲が特徴で、唇や皮膚の乾燥、便秘などの症状が現れます。一般には陰虚の範囲に含まれ、主に肺陰虚・胃陰虚を呈することが多く、暑がりの方に多く見られます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
血虚の熱毒・血熱・湿熱(けっきょのねつどく・けつねつ・しつねつ)…黄連解毒湯と四物湯の合方で、元来は「崩漏」すなわち不正性器出血に用いられました。四物湯の調経・止痛・活血などの効能が加わるので、月経異常・筋肉の痙攣(けいれん)・循環障害などを伴う熱証に有効です。
一般には、炎症が慢性化して皮膚の乾燥・落屑・皸裂(ひび・あかぎれ)などの症候や栄養不良状態が随伴した場合に適しています(実熱に血虚が加わった状態です)。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】血虚発熱(けっきょはつねつ)

女性  男性 女性の使用が多い方剤です。

【中医学効能(治法)】 清熱瀉火・解毒・補血活血・止血・涼血・化湿・養血

【用語の説明】(term)

リンク清熱瀉火法(せいねつしゃかほう) »…寒涼性の生薬を用い、熱や火邪(高熱・口渇・顔面紅潮・目の充血・腹満)を除く治療法です。

リンク解毒(げどく) »…体内に入った毒の作用を除くことです。

リンク補血(ほけつ) »…血を補うことです。=益血、養血。

リンク活血(かっけつ) »…血の流れを良くすることです。

リンク止血(しけつ) »…出血している血を止めることです。

リンク涼血(りょうけつ) »…熱で出血しやすい状態を改善することです。

リンク化湿法(けしつほう) »…湿邪を動かしたり、汗や尿などで排除する治療法です。


診断のポイント

【ポイント参照】

●皮膚枯燥、口渇
●血熱性皮疹、粘膜潰瘍
心下痞硬、下腹の軽い抵抗圧痛


このページのトップへ

舌 診

【舌診参照】

舌診【舌診】(tongue) 舌質はやや紅色を帯び、舌苔は白かやや黄色です。

舌診 舌診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

温清飲には、血流をよくして体をあたためるもの、水分を保持するもの、あるいは熱や炎症をさます生薬がいろいろと配合されています。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス3.75gを含有する。
日本薬局方 ジオウ(地黄)…3.0g
日本薬局方 シャクヤク(芍薬)…3.0g
日本薬局方 センキュウ(川芎)…3.0g
日本薬局方 トウキ(当帰)…3.0g
日本薬局方 オウゴン(黄ごん)…1.5g
日本薬局方 オウバク(黄柏)…1.5g
日本薬局方 オウレン(黄連)…1.5g
日本薬局方 サンシシ(山梔子)…1.5g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
黄連  黄芩  黄柏  山梔子  熟地黄  芍薬  当帰  川芎 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【温清飲類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク黄連解毒湯 » …比較的体力の充実した人で、のぼせ、精神不安、出血傾向などはあるが、皮膚の栄養低下や乾燥傾向のない場合に用いる。(血熱妄行)

 
 

リンク芎帰膠艾湯 » …比較的体力の低下した人で、出血が長びいて貧血症状を呈するが、のぼせ、皮膚症状などを伴わない場合に用いる。(血虚の出血)

 
 

リンク桂枝茯苓丸 » …比較的体力の充実した人で・のぼせ・出血傾向にあるが皮膚の栄養低下がなく、下腹部に抵抗・圧痛のある場合。(瘀血証)

 
 

リンク十味敗毒湯 » …体力中度の人の皮膚疾患で、発疹が散発性で、時に化膿を伴う炎症のある場合に用いる。(風邪湿熱の皮疹)

 
 

リンク 消風散 » …比較的体力の充実した人の頑固な皮疹で、分泌物があって痂皮を形成し、痒みの強い場合。(風湿熱の皮疹)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


備 考

【備考参照】

中医師 (remarks)
●主治:1.血虚・熱盛 2.血熱
●効能:1.清熱補血 2.清熱涼血

ハル薬局 このページのトップへ