HAL Pharmacy

ツムラ 荊芥連翹湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 荊芥連翹湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 荊芥連翹湯 エキス顆粒(医療用)

  • 荊芥連翹湯

    荊芥連翹湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

慢性鼻炎慢性扁桃炎蓄膿症ニキビ肥厚性鼻炎鼻血肺結核神経衰弱禿髪症、各種の皮膚疾患

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 荊芥連翹湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0661 2.5g×42包(2週間分) 6,002円(税込)
数量
k0789 2.5g×189包(63日分) 21,894円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【荊芥連翹湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈アトピー性皮膚炎〉

治例図 16歳の男子高校生。

身長168㎝、体重50㎏。やせ型で、浅黒い感じの神経質そうなタイプ。

5年前に発症し、何度か皮膚科を変えながら治療を続けていたが、あまり効果がない。症状は、ほぼ全身におよび、特に顔面から首すじ、上腕部にかけて掻痒感が強く、所々に皮膚の苔癬化見られる。秋から冬にかけて悪化。又、試験前などストレスや緊張感を伴うと、さらに悪くなるという。

小児期はよく扁桃腺を腫らしたそうである。

これに荊芥連翹湯を与えたところ、約2ヶ月の服用で、大分、掻痒感がおちつき、約6ヶ月で症状の約半分が軽減した。現在も服用を続けている。

・現代病名:アトピー性皮膚炎

区切り線

2〈慢性副鼻腔炎〉

治例図 38歳、男子。

副鼻腔炎で手術を2回受けたが、症状が一向に軽快せず、漢方に望みをかけて来院。主訴は強い鼻閉と後鼻漏。筋肉質で顔色はやや浅黒い。腹力は中等度前後だが、腹直筋に比較的強い緊張が認められる。

手足の裏に発汗傾向もみられるので、荊芥連翹湯の証と考え、投与。4週間日から症状がとれはじめ、服用6ヶ月で全治、廃薬した。

・現代病名:慢性副鼻腔炎

区切り線

3〈5年来の蓄膿症が半年で完治〉

治例図 Wさん(25歳・女性)は、20歳になったころからたびたび鼻づまりに悩まされてきました。

耳鼻咽喉科へは一度行ったものの、仕事が多忙なため病院に通い続けることができず、鼻づまりが起こると市販の薬でごまかしていました。

ある冬のこと、Wさんはまた頑固な鼻づまりに見舞われました。夜はなかなか眠れず、頭はボーつとして仕事中にも集中力を欠くような状態でした。そこで、母親の勧めもあって、漢方を扱う病院を訪れました。

Wさんは、体力は中程度で、鼻づまりのほかに頭痛があり、普段からよく手のひらに汗をかく体質だったため、荊芥連翹湯が処方されました。

2週間ほど服用を続けたところ、Wさんは鼻づまりがずいぶん軽くなっていることに気がつきました。そして、ぐっすり眠れるようにもなっていたのです。それ以降、症状はどんどん軽くなり、半年が過ぎたころにはすっかりよくなり、今では鼻づまりに悩まされることはなくなったそうです。

弁証論治 リンク風熱(表熱)証 »

・現代病名:蓄膿症

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク風熱(表熱) »
リンク皮膚疾患と熱毒 »
リンク熱邪犯肺・風熱犯肺 »
リンク湿熱 »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

荊芥連翹湯

八法清法:熱邪を清解することにより裏熱を消除する治法です。

【中薬大分類】清熱剤…熱を除去する方剤です。清熱・瀉火・解毒・透熱滋陰などの効能により裏熱を改善する方剤です。

【中薬中分類】清熱解毒剤…熱毒を解毒する方剤です。

八綱分類裏熱虚(りねつきょ) 裏 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(炎症)、虚証(体力中くらい)、顔色はやや赤黒いの方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
血虚…血が不足している方が使用します。血の濡養(栄養・滋潤)作用の不足による症候で、広義での栄養不良状態に相当します。 皮膚につやがない、爪の色が悪い、頭のふらつき、目がかすむ、しびれ感などの症状を呈します。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
血虚の熱毒・熱盛・血熱・湿熱血虚の熱毒・熱盛・血熱・湿熱(けつきょのねつどく・ねつせい・けつねつ・しつねつ)…温清飲を基本に、温清飲と同様に血虚の実熱に適します。柴胡・連翹・薄荷などの去風の薬物の配合があることは、皮膚・体表部への効果を強める目的で、薄荷・桔梗・川キュウなどは上部に働かせる目的と考えてもよいです。すなわち、どちらかといえば体の上部・表面での清熱が主体となります。また、温清飲に連翹の化膿抑制・柴胡の消炎・薄荷の止痒・桔梗の排膿の作用が加わり、清熱解毒・排膿・止痒が強められていることがわかります。温清飲と同様に、血虚がベースにある場合、舌質は淡であることが多く、紅舌を目標にする必要はありません。
荊芥連翅湯は、去風・止痛・止痒の荊芥・防風・白花と排膿の枳実(白花・川菖・桔梗も排膿に働く)が配合されており、より皮膚疾患に適しています。また、柴胡清肝湯よりは乾燥させる傾向が強いので、成人向きとされますが、小児に用いてもかまいません。一般には、鼻や皮膚の慢性炎症によく使用します。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】肝鬱血虚兼肺熱(かんうつけっきょけんはいねつ)

【中医学効能(治法)】 清熱解表・通鼻利咽・涼血・疏肝・疏散風邪

【用語の説明】(term)

リンク清熱(せいねつ) »…熱をさますことです。身体の内部の熱を冷ますことです。体表の熱の場合は解熱といいます。

リンク解表(かいひょう) »…体内表面の邪気を除くことです。

リンク利咽(りえん) »…のど(咽喉)の調子を整えることです。

リンク肝鬱(かんうつ) »…肝の機能鬱滞です。気分の落ち込んだ状態、神経症、ヒステリー、憂鬱などです。

リンク血虚(けっきょ) »…体を栄養する血が不足した状態です。貧血などで栄養成分が不足した状態です。顔色不良、口舌が淡白、爪・毛髪につやがない、ふらつき、視力減退などがあります。


診断のポイント

【ポイント参照】

●皮膚が浅黒い
●筋肉質、腹直筋の緊張
●患部が化膿し易い
●手掌や足蹠の脂汗


このページのトップへ

舌 診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

荊芥連翹湯には、熱や炎症をさますもの、病因を発散させるもの、痰や膿を排出するもの、あるいは血流をよくする生薬などがいろいろと配合されています。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス4.50gを含有する。
日本薬局方 オウゴン(黄ごん)…1.5g
日本薬局方 オウバク(黄柏)…1.5g
日本薬局方 オウレン(黄連)…1.5g
日本薬局方 キキョウ(桔梗)…1.5g
日本薬局方 キジツ(枳実)…1.5g
日本薬局方 ケイガイ(荊芥)…1.5g
日本薬局方 サイコ(柴胡)…1.5g
日本薬局方 サンシシ(山梔子)…1.5g
日本薬局方 ジオウ(地黄)…1.5g
日本薬局方 シャクヤク(芍薬)…1.5g
日本薬局方 センキュウ(川きゅう)…1.5g
日本薬局方 トウキ(当帰)…1.5g
日本薬局方 ハッカ(薄荷)…1.5g
日本薬局方 ビャクシ(白し)…1.5g
日本薬局方 ボウフウ(防風)…1.5g
日本薬局方 レンギョウ(連翹)…1.5g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…1.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
黄芩  黄柏  黄連  桔梗  枳実  荊芥  柴胡  山梔子  熟地黄  芍薬  川芎  当帰  薄荷  白芷  防風  連翹  甘草 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【荊芥連翹湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク葛根湯 » …比較的体力にある人で、顔面・耳・上気道などに急性の炎症があり、項背部のこりを訴える場合に用いる。

 
 

リンク葛根湯加川芎辛夷 » …葛根湯を用いるべき症状が慢性に移行した場合に用いる。

 
 

リンク小柴胡湯加桔梗石膏 » …体力中等度の人で、季肋部に抵抗。圧痛を訴え(胸協苦満)扁桃などに炎症のある場合に用いる。

 
 

リンク柴胡清肝湯 » …比較的虚弱な小児で、神経質でいらいらして怒りっぽく、リンパ節や扁桃などが腫れやすい場合に用いる。

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


ハル薬局 このページのトップへ