HAL Pharmacy

ツムラ 人参湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 人参湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 人参湯 エキス顆粒(医療用)

  • 人参湯(理中丸)

    人参湯(理中丸)が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

下痢、胃痛嘔吐胃アトニー、胃腸虚弱、慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍消化不良症、急性胃炎、急性腸炎、急性・慢性胃腸カタル、胃拡張、悪阻(つわり)、萎縮腎、貧血症、虚弱児の自家中毒、小児の食欲不振胃下垂症、胃液分泌過多症、肋間神経痛、よだれ症、喘息、糖尿病アレルギー性鼻炎、小児周期性嘔吐症、病後体力低下。

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 人参湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0646 42包(2週間分) 4,808円(税込)
数量
k0774 189包(63日分) 18,608円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【人参湯(理中丸)の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈極度の胃もたれがわずか数分で解消〉

治例図 Tさん(80歳・女性)は、かぜをこじらせて寝込んだときに、何も食べられない状態になってしまいました。家族が食事を作ってくれるのですが、胃がもたれて食べたいという気持ちにもなれません。のどがふさがっていて、食べ物が入っていかないような感賞もありました。
Tさんを診察した医師は、のどがふさがって入っていかないという症状を目安にして、人参湯を処方しました。人参湯を飲んだTさんは、その数分後には、も う食事ができるようになっていました。

・現代病名:胃もたれ

区切り線

2〈効果的だった漢方薬と番茶のうがい〉

治例図 Wさん(41歳・女性)は、耳鼻咽喉科でアフタ性口内炎の治療を受けましたが、よくなりませんでした。
小指の頭大の患部が2つあるのですが、ステロイド軟骨ではほとんどよくならなかったのです。そこで、漢方治療を受けることにしました。
処方されたのは、温清飲人参湯。温清飲には痛みと炎症を抑える働きがあり、人参湯には胃の働きを高める作用があると説明されました。それに口の中を清潔にするために、番茶でのうがいも勧められました。治療を開始して10日ほどで、痛みが消え、潰瘍もきれいになくなってしまいました。

・現代病名:アフタ性口内炎

区切り線

3〈体力を補う人参湯と当帰芍薬散で月経が正常に〉

治例図 28歳・女性のS美さんは、もともとやせている方でした。しかし「もう少しだけやせたい」とダイエットをするうちに、月経が来なくなってしまったのです。びっくりしたS美さんはすぐダイエットを中止したのですが、月経は一向に来る様子もなく、そのまま数ヵ月が過ぎてしまいました。

実姉に漢方薬を処方するクリニックを紹介されたのは、そんなときです。実姉はこのクリニックで月経不順を治した経験があったのです。

やせて体が冷えているS美さんに処方されたのは人参湯でした。月経不順を治す以前に、体力を戻すことでダイエットによって低下した全身の機能を正常化させる必要性があったのです。これを飲みはじめて半年後に、少しだけ月経がありました。そこで当帰芍薬散も処方に加えられました。

人参湯との2本立てで漢方治療を続けたところ、まもなく月経が毎月来るようになったそうです。

・現代病名:月経不順

区切り線

4〈胸痛〉

治例図 一婦人、胸痛を患うこと1~2年になる。

発すれば食することができない。食すると咽に塞って下らない。

手足が冷え、心下は播硬し、これを按じてみると石のようである。脈は沈結である。

人参湯を服すること数十日で諸証消散し、胸痛も全く治った。

・現代病名:胸痛

区切り線

5〈右上腹部痛〉

治例図 50歳の婦人。

太って色白、筋肉軟弱、主訴は半年前から右の脇下が痛み、何かつかえている気持である。

1週間前からみぞおちが痛むようになり、痛むときはその部が硬くなり、しばらくすると音がして何か下にさがると痛みがやみ、軟かになる。その後で放屈することが多い。腹は一体に膨満し、振水音が著明である。大便一行、冬は手足や腰が冷え、小便が近い。

人参湯によって、みぞおちが爽快になり、からだが軽くなって気分がよくなった。

・現代病名:右上腹部痛

区切り線

6〈自家中毒症〉

治例図 5歳の女児。

10カ月前から毎月8日~9日ごろになると、きまったように激しい嘔吐を起こし、コーヒーのかすのようなものを吐き、呼吸が早くなり、いまにも死ぬのではないかと思うほど重篤な症状になる。このような発作は2~3日でおさまり、重湯からお粥となり、ご飯を食べられるようになると次の発作がくる。大便はあるが発作のときは便秘する。腹は小さくて弾力がない。

人参湯3ヵ月で全治した。

・現代病名:自家中毒症

区切り線

7〈唾液分泌過多症〉

治例図 30歳の婦人。9ヵ月も前から、絶えず生唾が上って、食事したあと吐くことがある。また咽喉や胸がつかえたり、心下部がチクチク痛んだり、就寝中に心臓部が痛んだり、ドキッとしたりするという。大便は軟かで夜間小便に一度起きる。

中肉中背で、それほど体力の低下は見えない。脈は沈んで小さく、腹部は肉付き普通で、心下部直下に抵抗があり、臍傍の左上に動悸の亢進が触れる。

この患者には、口に唾液がたまる、夜小便に起きるの2点を目当てに人参湯を投与したが、1ヵ月足らずで、これらの症状はすっかりよくなった。

・現代病名:唾液分泌過多症

区切り線

8〈胃痙攣〉

治例図 老婦人。平常胃癪(胃のさしこみ)の気味があって、毎年一度は必ず起こった。昨年の夏は半月余り苦しんだという。

その証は、左の心下部に激しい痛みを発し、七転八倒の苦しみをする。脈は微弱で大便一回、小便頻数である。痛みは肩へかけて突き上げ、肩の張りが甚だしい。痛みが去ると肩の張りも消えて跡方もなくなるという。

肩の凝りは右側ではないかと試みに問うと、婦人は驚いて、そのとおりだという。金匱に心中居留気結ぼれて胸にあり、胸満脇下より心を逆槍するものと、逆槍は起こるところより反対側に突き上ぐるもののことである。いま左より右に突き上るはすなわちこの逆槍である。

小便数、脈弱、これ人参湯の正面の証としてこれを与えたところ、一服して釈然として忘れたようで復た起こらなかった。

・現代病名:胃痙攣

区切り線

9〈急性心筋梗塞〉

治例図 63歳、自営業。

急性心筋梗塞をおこして2ヵ月間入院した後回復して退院したが、その後心窩部の不快感と胸騒ぎ、それに不安感を伴う狭心症発作を週に何回も起こします。発作時は心電図にも少し変化が現れます。

元気がなく、脈は沈んで細い。舌は淡白で湿っており、腹部は軟弱でみぞおちに軽い抵抗がある。

これらの所見から人参湯を処方したところ大変良く効いて、それっきり発作がほとんど起きなくなりました。

・現代病名:急性心筋梗塞

区切り線

10〈効果的だった漢方薬と番茶のうがい〉

治例図 Wさん(41歳・女性)は、耳鼻咽喉科でアフタ性口内炎の治療を受けましたが、よくなりませんでした。

小指の頭大の患部が2つあるのですが、ステロイド軟膏ではほとんどよくならなかったのです。そこで、漢方治療を受けることにしました。

処方されたのは、温清飲人参湯です。温清飲には痛みと炎症を抑える働きがあり、人参湯には胃の働きを高める作用があると説明されました。
それに口の中を清潔にするために、番茶でのうがいも勧められました。

治療を開始して10日ほどで、痛みが消え、潰瘍もきれいになくなってしまいました。

弁証論治 リンク陰虚火旺証 »

・現代病名:アフタ性口内炎

区切り線

10〈抗がん剤の副作用が治まる〉

治例図 胃がんが再発して、手術はできず、抗がん剤を投与されたHさん(64歳・男性)は、貧血がひどく、吐き気がして、まったく食欲がなくなり、抗がん剤を使えなくなってしまいました。

副作用さえ出なければ、抗がん剤が大変効くタイプのがんであったので、なんとかしたいと漢方の専門家を訪れました。

そこで、人参湯と十全大補湯を処方され、服用したところ、だんだん副作用が出なくなり、抗がん剤治療を無事受けることができたそうです。体重も48㎏まで落ちていたのが58kgにまで回復し、希望が持てるようになったということです。

弁証論治 リンク »

・現代病名:胃がん

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク脾肺気虚 »
リンク陽虚 »
リンク脾陽虚(脾陽不振・脾陽虚弱・脾胃虚寒) »
リンク胃寒(寒痛) »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

人参湯(理中丸)

八法温法:温裏・散寒・回陽・通絡などの効能により、寒邪を除き陽気を回復し経絡を通じて、裏寒を解消する治法です。

【中薬大分類】温裏(補陽)剤…体内を温める方剤です。即ち、裏寒を改善する方剤です。

【中薬中分類】温中散寒剤…中焦の冷え(裏寒)に用いる方剤です。中焦脾胃の陽気が虚衰して、運化と昇陽が不足し、腹痛・腹満・食欲不振・口渇がない・下痢・悪心・嘔吐・舌苔が白滑・脈が沈細または沈遅の症候がみられます。

八綱分類裏寒虚(りかんきょ) 裏 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、寒証(冷え)、虚証(虚弱)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
気虚…氣が不足している方が使用します。氣の作用の不足で、全身の機能・代謝・抵抗力の低下や興奮性の低下などに伴う症候を現します。 疲れやすい、元気が無い、活力低下などを特徴とします。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
脾胃陽虚(ひいようきょ)…補気健脾の人参・白朮・炙甘草と補陽散寒の乾姜からなる典型的な配合です。人参・白朮・炙甘草で消化器系の機能を強めて栄養物の吸収を促進し抵抗力をつけると同時に、乾姜で消化管の血行や脳の興奮性を高めてこれを補佐し、腹中や全身を温めます。食欲・元気がなく、腹や四肢が冷え、泥状便や腹痛などを伴うものに良いです。

臓腑の中寒(実寒・虚実挾雑)(ぞうふのちゅうかん(じつかん・きょじつきょうざつ))…臓腑の中寒に対する代表方剤です。主として胃腸平滑筋のトーヌス上昇や蠕動亢進による腹痛・頻回の泥状便(蠕動亢進による糞便の通過加速と水分吸収不全で発生する)に適しますが、冷えによる頻尿などにも用いてよいです。ただし、本方には利水薬が白朮しか配合されておらず、生津の人参・炙甘草の量が多いので、服用すると浮腫(むくみ)をきたすことがあります。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】脾胃陽虚(ひいようきょ)

【中医学効能(治法)】 温中散寒・益気健脾・補陽(脾)・補気(脾)

【用語の説明】(term)

リンク温中散寒法(おんちゅうさんかんほう) »…温・熱性の生薬を用いて脾胃を温め、腹痛や冷え下痢などを治療する方法です。類語:温裏散寒法(おんりさんかんほう)

リンク益気(えっき) »…気を補充することです。

リンク健脾(けんぴ) »…脾の働きです。脾胃の機能を正常にする治療法です。


診断のポイント

舌 診

【舌診参照】

舌診【舌診】(tongue) 舌質は淡で胖大。湿潤、無苔で時にごく薄い白苔です。

舌診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

人参湯の構成生薬は、主薬の人参をはじめ胃腸によい下記の4種類です。滋養強壮薬でもある人参は、胃腸機能を高め体力や気力の回復を助けます。蒼朮には無駄な水分を取り除く作用があり、もたれや下痢に効果的です。これに、健胃作用のある乾姜、緩和作用の甘草が加わります。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.75gを含有する。
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…3.0g
日本薬局方 ソウジュツ(蒼朮)…3.0g
日本薬局方 ニンジン(人参)…3.0g
カンキョウ(乾姜)…3.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
乾姜  人参  白朮  甘草 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【人参湯(理中丸)類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク真武湯 » …同じように虚証であるが、腹痛、下痢、手足の冷えがもっと顕著で、めまい、立ちくらみなど水飲の症が著明。(腎虚水乏)

 
 

リンク小建中湯 » …腹痛があり虚証であるが、冷え症が少なく腹部は軟弱かあるいは薄く腹直筋緊張し、心下居はない。(五臓虚労)

 
 

リンク安中散 » …虚証、冷え症、胃痛や胸灼けがある。(胃寒腹痛)

 
 

リンク半夏厚朴湯 » …心下の痞えがあるが、もっと実証で咽中炙臠がある。気滞で水気上逆の薬方である。

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


ハル薬局 このページのトップへ