HAL Pharmacy

ツムラ 麻黄湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 麻黄湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 麻黄湯 エキス顆粒(医療用)

  • 麻黄湯

    麻黄湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

感冒、インフルエンザ(初期のもの)、鼻かぜ、関節リウマチ、喘息、乳児の鼻閉塞や哺乳困難、気管支炎気管支喘息肺炎、腸チブス、夜尿症、急仮死、卒中発作、気絶、難産。

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 麻黄湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0641 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0769 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【麻黄湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈鼻づまり〉

治例図 10歳の少年。
ふだんから鼻炎がある。風邪をひくと鼻がつまって、口で呼吸しなければならない。頭痛、ときどきさむけ、脈は浮で力がある。せきは出ない
麻黄湯を与えると、10数分で鼻のつまりがとれ、風邪も3日の服薬でよくなった。
麻黄湯を風邪に用いるときは、脈が浮いて力があり、さむけと熱があって、頭痛がしたり、ふしぶしが痛んだり、鼻がつまったりするのを目標にする。

弁証論治 リンク表寒実証 »

・現代病名:鼻づまり

区切り線

2〈感冒〉

治例図 10歳、女児。
起床後に頭痛を訴え、着替えをさせたところ鼻出血があった。検温したところ、38.1℃である。顔面がわずかに紅潮し、咽頭に発赤を認める。喘鳴や咳嗽はない。
脈は浮、数、緊で著しく充実している。自然発汗はなく、皮膚は乾燥している。口渇はない。
麻黄湯エキスを1包投与し、就床させたが、頭痛がわずかに軽快しただけで約1時間経過。そこでさらに同湯エキスを1包十分なお湯で服用させた。服用後30分で全身に発汗がみられた。着替えさせて臥床させたところ、熟睡し、昼には空腹感を訴えて起き出てきた。熱は平熱となり、そのまま快癒した。

弁証論治 リンク表寒実証 »

・現代病名:感冒

区切り線

3〈麻黄湯と柴胡桂枝湯で完治〉

治例図 中学1年生のA子さん(13歳)は、学校でかぜをうつされたらしく、熱が39℃以上になり、しきりに全身の倦怠感を訴えています。食欲はなく、おかゆものどを通らず、水分補給だけをかろうじてしている状態でした。それでも、比較的体力があり、汗の出も少ないことから、実証と判断され、麻黄湯を服用することになりました。

2日ほどで熱は下がり、そのあと、柴胡桂枝湯に切り替えたところ、3日ほどの服用で、症状はすっかり治まったということです。

弁証論治 リンク表寒実証 »

・現代病名:感冒

区切り線

4〈麻黄湯で鼻かぜがたちまち完治〉

治例図 日ごろから丈夫な会社員のNさん(38歳・男性)ですが、ある日、鼻かぜにかかったようだと感じ、漢方の専門家を訪ねました。

ごく初期の鼻かぜで、関節痛と発熱があり、汗をかかないという症状から、麻黄湯の服用を勧められました。その場で1服飲んだところ、すぐに鼻の症状と関節痛が治まり、汗が出て熱も下がり、数時間もたたないうちに完治したのです。

麻黄湯はかぜの初期症状に有効な処方だと説明されたNさんは、それからはいつもこの薬を持ち歩くようにしています。

弁証論治 リンク風寒(表寒)証 »

・現代病名:鼻風邪

区切り線

5〈こじれたかぜによく効く漢方薬〉

治例図 K子さん(14歳)は、かぜにがかったといって中学校から早退してきました。どうやら、仲のよい友人にうつされたようです。

体温計で熱を計ると、39度2分もありました。発熱のためか、全身がだるいといいます。おもゆも口に入らず、水がやっと飲めるという状態です。

汗はなく、関節が痛み、発熱のため顔が赤くなっていたので、麻黄湯を服用させたところ、2日後に平熱に戻りました。

しかし、熱自体は元に戻っても、関節の痛みはまだ残り、食欲は出てきません。かぜがこじれていると考えられたので、薬を柴胡桂枝湯に切り替えたところ、2日たってすっかり治りました。

柴胡桂枝湯はこじれたかぜに効果を発揮します。

・現代病名:かぜ

区切り線

6〈傷寒(急性熱性疾患)〉

治例図 私が13歳のとき(西暦1811年)病家から往診を頼まれた。

兄が不在なので父はお前が往くようにというので診察して帰った。父から病状を問われたので、病は傷寒で頭痛破るるが如く、悪寒発熱し、脈は浮数であると答えた。

尾台榕堂 父はではお前は何を与えたらよいと思うと訊ねられたので、麻黄湯にてはいかがですかと伺いを立てたところ、父は笑って、でかしたその通りといわれた。

そこで麻黄湯三貼を調合し、温服させて大いに汗を出させたところ苦痛は脱然として去った。余熱があったので小柴胡湯を与えてまもなく治った。

これは私の病を治した初めてのことである。 (尾台榕堂・方伎雑誌)

・現代病名:熱性病

区切り線

7〈夜尿症〉

治例図 麻黄湯を5歳ぐらいまでの子供の夜尿症に用いているが実によく効く。また、葛根湯を用いることもある。

麻黄のあるところがポイントであると思う。12歳の子に使ってよかった例もある。一番初めに用いたのは、夜尿症のある5歳の児が風邪をひいてきた。この児は風邪をひくと小便が近くなり、一時間おきぐらいに行くという。これに葛根湯を与えたところ、かぜが治ってしかも従来の夜尿症がピッタリ止まったという。これ以来、小児にもっとのみやすい麻黄湯にしてみたところ実によく効いた。ただし、これを用いる目標の一つに、患児が寝ぼけていくら起こしても起きないということがある。麻黄が夜尿症に効くのは麻黄中のエフェドリンにアドレナリンと同じ作用があるからだということもうなずかれる。また麻黄から覚醒剤が作られるところから、これをのむと寝ぼけるのが治って、小便がたまると眼がさめるのかもしれない。あまり虚証の子には注意を要する。

・現代病名:夜尿症

区切り線

8〈ワクチン接種済みの3歳の男児の場合〉

治例図 インフルエンザワクチン接種済みの3歳の男児です。

夜9時ごろに39度の発熱です。翌朝になっても熱は下がらず、食欲もなく不機嫌だったので、病院にやってきました。A型のインフルエンザと診断されました。タミフルと麻黄湯(1日2.5g)を処方したところ、翌朝から熱は37度台に下がり、機嫌もよくなりました。

2日後には平熱になり、元気に遊んでいました。

・現代病名:A型インフルエンザ

区切り線

9〈男児(12歳)の場合〉

治例図 幼児期から気管支喘息を発症している男児(12歳)。

風邪をひくといつも痰がからみ、咳が長引いて苦しんでいた。今回は39度の熱で受診してきた。A型インフルエンザだとわかり、タミフルと麻黄湯(1日5g)を5日間処方したところ、3日目には平熱になり、咳が長引くことはなく、すっきりと治った。

「今回の臨床試験とは別に、比較的症状の軽い子供にはタミフルを使わずに漢方薬だけを処方することもあります。漢方薬は、乳児にも安心して使えるからです」

・現代病名:A型インフルエンザ

区切り線

10〈生後10ヵ月の男児(体重9キロ)の場合〉

治例図 インフルエンザワクチン未接種の生後10ヵ月の男児(体重9キロ)。

夜間に38度の熱を出した。受診時の診断は、A型インフルエンザだった。

麻黄湯のみを1日1gずつ3日間処方したところ、翌朝には平熱に下がっていたという。

・現代病名:A型インフルエンザ

区切り線

10〈夜尿症〉

治例図 12歳、男児。長期にわたる夜尿(尿は白色)。舌苔薄白・脈弦。

●麻黄湯(麻黄:桂枝:杏仁:灸甘草=3:5:3:3)に六味地黄丸(牡丹皮を除く)を合わせる。

●麻黄湯の発散作用は、原方のままでは、主に上・外へと作用します。

●しかし麻黄湯を小剤(用量の少ない方剤)で使い、さらに六味地黄丸と合わせると、麻黄湯の作用は六味地黄丸によって下へと運ばれます。これが「用陰潜陽」(陰を利用して陽を下降させる)と呼ばれる手法です。

●その結果、麻黄湯の通陽化気作用は膀胱にも作用するようになります。

●またこの用薬方には、さらに「六味地黄丸の補陰作用を背景にして麻黄湯の通陽気化作用が発揮される」という意味もあります。陽気が存分に気化作用を発揮するには「みずみずしい舞台」が必要だということです。これが「用陽化陰」(陽によって陰は気化される)と呼ばれる手法です。

●六味地黄丸には本来、牡丹皮が含まれていますが、ここでは除かれています。

牡丹皮は涼血作用をもつ寒性薬なので、麻黄湯の通陽気化作用を妨害しないように除かれているものと思われます。

●また通陽化気作用が中心なので、麻黄よりも桂枝の用量を多くしてあります。

●この方剤は、大人の夜尿症にはあまり効果がありません。

・現代病名:夜尿症

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク風寒(表寒) »
リンク寒邪犯肺・風寒束表 »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

麻黄湯

八法汗法:肺気を宣発し営衛を暢調にして膜理を開泄することにより、「遍身にちゅうちゅうと汗出づ」の状態にし、肌表にある外邪を汗とともに解除する治法です。

【中薬大分類】解表剤…発汗、解肌、透疹等をうながして、初期の感冒等表証に対処する方剤です。主に外感病の初期に使用します。

【中薬中分類】辛温解表剤…温めながら解表(体内表面の邪気を除く)する方剤です。風寒表証(表寒)に用います。

八綱分類表寒実(ひょうかんじつ) 表 寒 寒 実 …証(体質・症状)が、表証(急性期)、寒証(悪寒)、実証(体力充実)の方に適応します。


 

【臓腑弁証】

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】外感風寒(がいかんふうかん)

【中医学効能(治法)】 辛温解表・止咳平喘

【用語の説明】(term)

リンク辛温解表法(しんおんげひょうほう) »…辛温解表法:辛温の薬で温め風寒の邪を体表から発散させる治療法です。悪寒、頭痛、発熱を治します。類語:祛風散寒法(きょふうさんかんほう)。

リンク止咳(しがい) »…咳を止めることです。

リンク平喘(へいぜん) »…呼吸困難、喘息を改善することです。

リンク外感(がいかん) »…季節や気候、環境など外界の要素で発生する病態です。

リンク風寒(ふうかん) »…風邪+寒邪です。


診断のポイント

【ポイント参照】

●発熱、悪寒、無汗。
●脈:浮、緊。
喘咳、身体疼痛(腰、四肢、関節)。


このページのトップへ

舌 診

【舌診参照】

舌診【舌診】(tongue) 舌とともに口中が淡紅で、薄い白苔を見ることが多いです。

舌診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。
●初回服用して、発汗しなければ二時間後に再度服用して、それでも発汗しなければ二時間後に再々服用します。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

麻黄湯は、主薬の麻黄を中心に、下記の4種類の生薬からなります。
麻黄と桂皮は発汗・発散作用をもつ代表的な生薬で、病因を発散して追い出すような働きをします。また、麻黄には薬理的にも重要な役割をする交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。この成分は、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用を示し、咳やゼイゼイする喘鳴をおさえます。さらにこれに、鎮咳・去痰作用のある杏仁、緩和作用をもつ甘草が加わります。
日本薬局方 キョウニン(杏仁)…5.0g
日本薬局方 マオウ(麻黄)…5.0g
日本薬局方 ケイヒ(桂皮)…4.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…1.5g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
麻黄  桂皮  杏仁  甘草 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【麻黄湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク葛根湯 » …本方と同じく表寒実証用であるが、もう少し病変が浅い所にある。腰痛関節痛がなく項背強痛がある。(太陽陽明合病)

 
 

リンク桂枝湯 » …表寒虚証、悪寒発熱、自汗、脈浮緩。(太陽中風)

 
 

リンク小青竜湯 » …裏寒と表証、鼻水。くしゃみがあり、心下水気有の証。

 
 

リンク麻杏甘石湯 » …悪寒発熱がなく、喘息、咳嗽が烈しく、黄色粘痰がある。発汗傾向と口渇を伴う。肺熱の喘咳。

 
 

リンク 銀翹散 » …温病系風邪(風熱(表熱))辛涼解表剤、上焦風熱、衛分証、気分証に使用。熱感があり、悪寒はない。口渇、咽痛、咳嗽がある。感冒、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃腺、流行性耳下腺炎等。

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


ハル薬局 このページのトップへ