HAL Pharmacy

ツムラ 黄連解毒湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 黄連解毒湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 黄連解毒湯 エキス顆粒(医療用)

  • 黄連解毒湯

    黄連解毒湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

吐血喀血下血脳溢血後遺症高血圧心悸亢進胃炎自律神経失調症ノイローゼ皮膚掻痒症鼻出血神経症宿酔二日酔い)、口内炎高血圧による不眠症、熱性疾患脳卒中の予防、二日酔いの予防、蕁麻疹血の道症めまい酒さ鼻(あかはな)、黒皮症

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 黄連解毒湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0629 42包(2週間分) 5,235円(税込)
数量
k0757 189包(63日分) 19,703円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【黄連解毒湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈ニキビ〉

治例図 22歳、男子大学生です。
鼻を中心に赤いニキビができていて、いろいろ手当しても治らないという。漢方薬も清上防風湯などを服用しても、あまり効果が出ない。体格も中以上であるし、両耳が赤味をおびているので、黄連解毒湯を与えたところ、体の調子がよくなるとともに、ニキビの赤味が消失し、次第に範囲がせばまって、4ヶ月ほどで皮膚がきれいになった。

弁証論治 リンク熱毒(皮膚病と湿熱)証 »

・現代病名:ニキビ

区切り線

2〈尋常性乾癬〉

治例図 47歳の女性です。
体重は52㎏で、少々赤ら顔の中肉中背型。本人の主訴は尋常性乾癬である。2年前、皮膚科で診断され、いろいろ治療を受けたが、ほとんと効果がなかった。患部は両肘頭、手の指、膝頭におよび、背中のところどころにも円形の紅斑と部分的に銀白色の鱗屑が見られる。便通は1日1回、食欲は正常、ただし、ストレス等は多い様子で、血圧は150~95と少々高めである。これに黄連解毒湯を与え、約5ヶ月の服用後、その間、波はあったが、1/3~1/2程度の軽快を見、現在も服用を続けている。

弁証論治 リンク血熱証(出血・実熱) »

・現代病名:尋常性乾癬

区切り線

3〈飲酒によるいびきが漢方薬で解決〉

治例図 薬剤師をしているKさんの夫(46歳)は、特に大きな病気はないものの、普段からいびきをかく方で、飲酒をした夜はさらにひどくなる、といった状態でした。

夫のいびきのためにKさんは熟睡できず、悩みの種となっていました。夫はといえば、いびきには気づかないものの、二日酔いに悩まされていました。

ある日Kさんは、漢方の専門家から黄連解毒湯二日酔いに効くことを聞きました。そこでKさんは、アルコールを速やかに排出する黄連解毒湯なら、夫のいびきも解消できるのでは、と考えました。しかも、Kさんの夫は赤ら顔、高血圧という黄連解毒湯が合うタイプ(裏熱実証)です。その夜、早速Kさんは「二日酔いに効く薬」として夫に飲んでもらうことにしました。すると夫は、飲酒をしていた夜にもかかわらず、いびきをまったくかきません。それも、思わず夫の口に手をあてて呼吸を確かめてしまうほど静かなのです。

翌日、夫は二日酔いもまったくなく、すっきりとした1日を送ったとのことです。この日を境に、Kさんの睡眠不足の悩み、夫の二日酔いの悩みが一度に解決したことはいうまでもありません。

弁証論治 リンク裏熱実証 »

・現代病名:いびき

区切り線

4〈口内炎ができやすい体質が快癒〉

治例図 Kさん(48歳・女性)は、数年前から口内炎や口唇にヘルペスが頻繁にできるようになってしまい、とても悩んでいました。

病院での検査によると、年齢とともに抵抗力が弱まったからとの診断です。

Kさんは知人から漢方を勧められ、漢方を扱う医師を訪れて相談することにしました。そして処方されたのが黄連解毒湯です。

1ヵ月間服用したところ、口内炎ができにくくなり、3ヵ月後にはほとんどできなくなりました。さらに1ヵ月間服用を続けたところ、口内炎はまったく発症しなくなったのです。

弁証論治 リンク胃熱(胃火・胃火上炎)証 »

・現代病名:口内炎

区切り線

5〈漢方薬で血圧が安定し、よく眠れるようになった〉

治例図 H子さん(63歳)は、夫(小学校の校長)が定年となり、1日中家にいるようになると、ストレスがたまり始めて、最大血圧が170㎜Hgを超えるようになりました。夜は、雨の音や猫の鳴き声などでもすぐに目覚めてしまい、眠りが浅いといいます。

医師から血圧を下げる薬をもらいましたが、それを飲むと、薬が強過ぎるためか、ふらふらするので、漢方薬に切り替えることにしました。

ストレスが原因で血圧が上がる場合、漢方では「気の疲れ」ととらえ、黄連解毒湯という処方を使います。

H子さんは、黄連解毒湯を飲み始めて1週間ほどで血圧が安定し、睡眠も普通に取れるようになりました。赤ら顔だったのですが、顔の赤みも徐々に取れ、普通に戻ってきました。

弁証論治 リンク肝陽上亢証 »

・現代病名:高血圧

区切り線

6〈漢方治療で視力障害が緩和〉

治例図 税理士のEさん(62歳・男性)は糖尿病で高血圧です。ある朝、突然目が見えにくくなり、眼科で眼底出血と診断されました。

治療を始めたのですが、視力障害のために光に敏感になり、サングラスが手放せなくなりました。

そこで、漢方治療を併用することにし、黄連解毒湯の服用を始めるとともに、医師に指導された食養生も守るようにしました。

その結果、糖尿病が改善し、それに伴い出血も徐々に吸収され、サングラスも不要になりました。

・現代病名:眼底出血

区切り線

7〈長年の暴力発作が治まった〉

治例図 Sさん(33歳.男性)は・普段から睡眠時間が短く、常にイライラしていました。

突然暴れ出し、すごいカで暴力を奮うため、子どものときから鍵のかかる部屋で隔離されて育てられました。

施設で暮らすようになってからも常に集団から遠ざけられていたそうです。

施設の医師から大柴胡湯が処方されましたが効果がなく、四逆散黄連解毒湯に変えたところ、睡眠時間が長くなり、イライラと発作的な暴力も治まりました。

現在では、周囲の人々と席を並べて作業ができるようになりました。

・現代病名:自閉症

区切り線

8〈酒とたばこはやめられないが〉

治例図 胃がんで胃を部分切除したMさん(60歳・男性)。医師にいくら注意されても、手術後もお酒とたばこをやめることができません。術後すぐは食欲がなく、最近になってようやく食欲が出てきました。

しかし、食べるともたれる状態が続いています。舌は黄色い苔(こけ)ができていて、便のにおいもきつかったのです。

漢方の専門家に黄連解毒湯を処方され、飲んでいたら、多少深酒をしても二日酔いにならず、舌の苔もだんだんなくなり、便のにおいも気にならなくなりました。

術後2年を経過しましたが、胃の調子もよく、快適な毎日を送っています。

・現代病名:胃がん

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク皮膚病と湿熱 »
リンク皮膚疾患と熱毒 »
リンク出血・実熱 »
リンク心火旺(心火上炎・心炎亢盛)(ストレス) »
リンク肝火上炎(肝火旺) »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

黄連解毒湯

八法清法:熱邪を清解することにより裏熱を消除する治法です。

【中薬大分類】清熱剤…熱を除去する方剤です。清熱・瀉火・解毒・透熱滋陰などの効能により裏熱を改善する方剤です。

【中薬中分類】清熱解毒剤…熱毒を解毒する方剤です。

八綱分類裏熱実(りねつじつ) 裏 熱 熱 実 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(炎症・のぼせ・暑がり)、実証(体力充実)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
水液停滞…余分な水があまっている方が使用します。津液の停滞のことで、西洋医学的には細胞内液・組織液・リンパ液などが、主として組織間・消化管内・体腔内に異常に停滞したことを意味します。 中医学では湿・痰飲・水腫と呼ぶのが一般的で、日本では水毒ともいわれます。

 

【臓腑弁証】

【気血津・臓腑証】
熱盛・熱毒・血熱・湿熱(ねつせい・ねつどく・けつねつ・しつねつ)清熱瀉火・解毒・涼血・化湿の効能をもち、消炎・解熱・化膿の抑制・鎮静・毛細血管の透過性亢進の抑制・止血・産出の抑制などの作用があり、黄芩・山梔子に利胆作用があり、広く炎症全般に使用できます。ただし強い炎症の場合には大量(エキスなら1日量の3~5倍)を用いる必要があります。
黄連解毒湯は下焦に働く黄柏の効能が加わって上・中・下の三焦の実火に有効とされ、どの部位の出血にも適します。
注意を要するのは、化湿に働くために体を乾燥化する傾向をもつことで、長期間使用する場合には温清飲の形が望ましいです。なお、本方の適応として「赤ら顔ででっぷり」とか「体力の充実」などがあげられていますが、対象は炎症全般であって、特にこだわる必要はないです。体力の不足があっても使用してさしつかえないです。

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】三焦実熱(さんしょうじつねつ)

【中医学効能(治法)】 清熱瀉火・解毒・清熱化湿・止血・涼血

【用語の説明】(term)

リンク清熱瀉火法(せいねつしゃかほう) »…寒涼性の生薬を用い、熱や火邪(高熱・口渇・顔面紅潮・目の充血・腹満)を除く治療法です。

リンク解毒(げどく) »…体内に入った毒の作用を除くことです。

リンク清熱化湿法(せいねつけしつほう) »…寒涼性の生薬を用い、湿や熱邪、発熱・嘔吐・下痢・尿不利・腹脹を治します。

リンク止血(しけつ) »…出血している血を止めることです。

リンク三焦(さんしょう) »…三焦;裏証の病位の再分類です(上下概念の補足)。.上焦:下顎底~胸隔です。中焦:上腹です。下焦:少腹(下腹)と陰部です。

リンク実熱(じつねつ) »…外からの熱邪の侵襲、ストレス、飲食の不摂生による熱の発生などの症候です。(実火)

リンク涼血(りょうけつ) »…熱で出血しやすい状態を改善することです。


診断のポイント

【ポイント参照】

●イライラ、不眠
●胸からみぞおちのつかえ(心下痞、心中煩悸)
●のぼせ症(耳鳴り、頭痛、鼻血)


このページのトップへ

舌 診

脈 診

【脈診参照】

脈診【脈診】(pulse) 数で力のある脈、あるいは滑数です。

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません(熱証の人、あるいは吐き気に用いるときは、冷たい水で飲んだほうがよいことも)。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

黄連解毒湯の構成生薬は下記の4種類で、いずれも熱や炎症をしずめる寒性の生薬です。山梔子には、止血作用もあるといわれます。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.5gを含有する。
日本薬局方 オウゴン(黄ごん)…3.0g
日本薬局方 オウレン(黄連)…2.0g
日本薬局方 サンシシ(山梔子)…2.0g
日本薬局方 オウバク(黄柏)…1.5g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
黄連  黄芩  黄柏  山梔子 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊娠中毒症の高血圧の場合によく使用します。
●妊婦または妊娠の可能性のある人や授乳中の人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【黄連解毒湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク三黄瀉心湯 » …:同じく三焦の実火に対する基本処方であるが、瀉下効果に秀れているので便秘の強いときに用いる。(血熱+胃実)

 
 

リンク大承気湯 » …潮熱、宿便燥尿、満腹し、時に精神症状を来すもの。(陽明腑証)

 
 

リンク白虎加人参湯 » …発熱、煩渇、脱水。内外の熱が盛んで津液欠乏し若干陽気不足した状態。(陽明経証)

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


備 考

【備考参照】

中医師 (remarks)
●主治:1.三焦熱毒 2.実熱
●効能:清熱解毒

ハル薬局 このページのトップへ