HAL Pharmacy

ツムラ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス顆粒(医療用)

  • 柴胡桂枝乾姜湯

    柴胡桂枝乾姜湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

神経症不眠症血の道症更年期障害、感冒、インフルエンザ、心臓衰弱、胸部疾患、肝臓病などの消耗性疾患の体力増強、貧血症、神経衰弱、肝炎、胆嚢炎、気管支炎、肺結核、胃アトニー、気管支拡張症、肺炎、肋膜炎、腎炎、腎盂炎自律神経失調症、心悸亢進。

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0626 2.5g×42包(2週間分) 6,002円(税込)
数量
k0754 2.5g×189包(63日分) 21,894円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【柴胡桂枝乾姜湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1慢性肝炎

治例図 43歳、会社員。
数ヶ月前からの異常な疲労感の持続に不安を感じて受診。慢性肺炎と診断されて、強力ミノファーゲンの注射やその他の治療を受けているが、よくならないと言って私の所へ来院しました。体格は中等度でしたが、血色がやや不良で、舌にはやや乾燥した白苔が同等度にあり、脈は弦、腹力は中等度よりわずかに軟、両腹直筋はわずかに緊張し、心下宿硬が軽度みられます。胸脇苦満も右に軽度で、房の上下一横指の付近に腹大動脈の拍動を触れます。上腹部に比べ、下腹部の腹力が弱い、即ち瞬下不仁が認められます。自覚的には、疲れやすい、口が渇く、食欲があまりないなどの症状があります。この症例はまさに柴胡桂枝乾姜湯の典型的な状態です。瞬下不仁は八味丸の適応症です。これらの自他覚的症状の組合わせによって柴胡桂枝乾姜湯を主方とし、八味丸を兼用として投与し、2年6ヶ月でほぼ全治しました。その後も元気な生活を送っています。

・現代病名:慢性肝炎

区切り線

2〈寝汗〉

治例図 52歳、独身女性。
子宮全摘の手術後に肝炎をやり入院、退院してからも臨床検査のデータが悪いので、病院から投薬されていたが、寝汗が毎晩、数回出て困るという。そのためカゼをひきやすい。気分もイライラするし、疲労が激しいという。柴胡桂枝乾姜湯の服用で、寝汗は出なくなり、元気になってきた。肝機能検査の成績も正常になり、仕事ができるようになった。

・現代病名:寝汗

区切り線

3〈柴胡桂枝乾姜湯で体賃改善〉

治例図 Uさん(45歳・男性)は、会社には毎日休まず通っているものの、日ごろから虚弱で疲れやすく、かぜをひきやすい体質でした。
特に最近は寝汗がひどく、ほかにも尿の量が少ない、口が渇く、口が苦いなどの不快な症状がいろいろ出ていました。なんとか体質を改善したいと、漢方薬局で相談すると、柴胡桂枝乾姜湯のエキス剤を処方されました。服用を始めて20日ぐらいで効果が現れはじめ、パジャマの着替えのために夜中に起きることもなくなりました。

・現代病名:体賃改善

区切り線

4〈2週間で口の中の渇きが気にならなくなった〉

治例図 Tさん(60代)は貧血気味で、どちらかというと体力がない女性です。
このところ、疲れがひどいように感じ、食欲も落ちていました。そういうことは昔からよくあつたので、大変な病気だとは思いませんでした。しかし、今回は、年齢的にそろそろ体をいたわらなければという思いもあって、近くにある漢方薬局の薬剤師に相談に行ったのです。
口の中が渇く上、肩がこって困るというTさんの訴えを聞いた薬剤師は、彼女の体調のほかの面もチェックしました。 冷えがあり、そのわりに尿の量が少ない、頭や首の周りにだけ汗をかく。寝汗をかくこともあり、動悸や息切れがするといった点を踏まえて、Tさんは、柴胡桂枝乾姜湯を勧められました。この薬を飲み続けるうちに、口の渇きが気にならなくなり、およそ2週間後には、体調がよくなったということです。

・現代病名:口渇

区切り線

5〈胃の重さが消え、思い込みも解けた〉

治例図 中学校の教員を勤める53歳のK子さん。
やせ型で顔色が悪い虚弱体質です。近年胃の辺りが重く、口が渇いて不快で、実際にはにおわないのに強い口臭があると思い込んでしまいました。
漢方も活用している医院に行くと「実はあなたは口臭などないが、これをどうぞ」と柴胡桂枝乾姜湯を勧められました。服用して2週間で口の不快感がなくなり、半年後には胃の重さも消え、それと平行して口臭も消えたと実感したそうです。心因性口臭の思い込みが解けたのです。

・現代病名:胃腸障害

区切り線

6〈症状と一緒に夫婦喧嘩も治まった〉

治例図 夫とともにクリーニング店を切りもりしているJ子さん(52歳)。
わりあい元気で、大きな病気もなく毎日忙しく過ごしてきました。しかし、50の声を聞いてから生理が遅れ気味になり、肩こりやめまいに悩み始め、気分がふさいで接客もおっくうになってきたのです。また、ときにはイライラして夫にあたり、あまりしなかった夫婦喧嘩まで頻発する始末でした。
隣の漢方薬局の老店主がJ子さんのそんな様子に気付き、女神散柴胡桂枝湯を勧めてくれました。服用し始めて3週間ほどで肩こりとめまいが治まり、さらに1ヵ月後には、気鬱もイライラもなくなりました。J子さんの回復を最も喜んでいるのは、八つ当たりの的だった夫だということです。

・現代病名:更年期障害

区切り線

7〈病気による目の乾きも漢方で改善〉

治例図 Tさん(45歳・女性)は、目の乾きで眼科を受診した際、シェーグレン症候群と診断され、その後すぐ、漢方を扱う医院を訪れました。実はTさんは、数年前にも目がショボショボする、ゴロゴロするといった不快症状があって、苓桂朮甘湯で治ったことがあるのです。
今回は、イライラなどの神経症状もあり、足腰は冷えているものの上半身は暑いといった症状を伴っていたことから、柴胡桂枝乾姜湯苓桂朮甘湯加附子が処方されました。これを飲んで4ヵ月後には目の乾きがほとんど気にならなくなり、今回もまた漢方薬に助けられたと、とても喜んでいます。

・現代病名:シェーグレン症候群

区切り線

8〈柴胡桂枝乾姜湯でのどの痛みが軽減〉

治例図 建設会社で現場監督を務めるHさん(45歳・男性)は、毎日工事現場で砂やほこりにまみれながら大声を張り上げて仕事をしています。体力に自信があった若いころは、仕事を終えると職人たちと必ず酒盛りをしてから帰宅していました。
ところが、40歳を過ぎたころから疲れやすくなり、特に2~3年前からはかぜをひきやすく、すぐにのどの不調や腫れ、痛みを感じるようになりました。
重大な病気がのどの痛みとなって現れているのではないかと心配した奥さんは、Hさんを説得して漢方を扱っている病院へ連れていきました。担当医師は慢性咽頭炎と診断し、柴胡桂枝乾姜湯を処方しました。この処方は、肝機能を高め、抵抗力をつけ、体を温めてのどの炎症を和らげるというものです。
Hさんが、指示どおりにひと月ほど服用したところ、のどの痛みが和らぎ、その上尿の出がよくなるなど、体調も見ちがえるほどよくなりました。予期せぬ効果に喜んだHさんは「漢方は奥深い」と思いながら、今もこの薬を飲み続けています。

・現代病名:慢性咽頭炎

区切り線

9〈ひどい寒気が漢方薬で改善〉

治例図 Mさん(70歳・女性)は、しょっちゅうかぜをひいては寒気に悩まされていました。そのため、いつも帽子をかぶり、風の強い日には外を出歩かないようにしていたほどです。
お風呂に入っても、なかなか体が温まらず、特に背中がゾクゾクしているような状態で、訪れた漢方薬局では柴胡桂枝乾姜湯を処方されました。
飲みはじめてから1週間ぐらいで体が温かく感じられるようになり、寒気はしなくなりましたが、これを飲んでいると調子がいいと、その後も飲み続けています。

・現代病名:寒気

区切り線

10〈慢性の胆嚢炎が漢方で快癒〉

治例図 慢性胆嚢炎と診断されたMさん(35歳・男性)は、経過観察中で激しい症状はないものの、背中の重圧感や食後の胃部の不快感に悩んでいました。そこで、漢方薬も処方する医院を受診しました。

やせ型で神経質、尿量が少ないというMさんに処方されたのは柴胡桂枝乾姜湯です。朝夕2回の服用を続けていたところ、背中の重苦しさが徐々に取れてきました。

こうして、半年後には自覚症状がまったくなくなりました。そこで、最初に受診した大学病院で検査をしたところ、胆嚢炎はすっかり治っているとのお墨つきをもらったそうです。

・現代病名:慢性胆嚢炎

区切り線

10〈漢方を飲みはじめてここ3年間、全く発作が起こらない〉

治例図 慢性膵炎を患うYさん(38歳・男性)は、西洋医学での治療で痛み止めの薬を飲んではいるものの、一進一退を繰り返すだけの病状に悩んでいました。膵臓の炎症を示すアミラーゼ(消化酵素)の値も高く、糖尿病を発症する可能性もあり、毎日が気掛かりで仕方なかったそうです。

思い余ったYさんは、漢方を用いる医院を受診しました。やせ型で体カがなく、動悸や不眠を訴えるYさんに処方されたのは、柴胡桂枝乾姜湯です。

飲みはじめて3ヵ月もすると、アミラーゼ(消化酵素〕の値が正常値に戻るのに伴って西洋薬の量が減り、1年後にはすっかりよくなったそうです。

以来漢方薬を常に携帯し、飲み続けているそうですが、ここ3年間は全く発作が起こっていないとのことです。

・現代病名:慢性膵炎

区切り線

10〈漢方薬で肝機能値が安定し退院できた〉

治例図 会社員のJさん(33歳)は、あるとき異様な疲れを感じて病院に行ったところ、急性肝炎と診断され、即入院することになりました。

その後、本人はほどなく元気を回復したのですが、2ヵ月たっても肝機能値が下がらないため、退院の許可がなかなか下りません。肝機能を示すGOT、GPTの検査値が、ともに200ぐらいあるという状態だったのです。

母親が心配して、かねて知っている薬局の薬剤師に相談しました。体格は普通で、黄疸は出ていないというと、柴胡桂枝乾姜湯という薬が出されました。Jさんは、早速この薬を飲みはじめました。

すると、肝機能値がみるみる下がりはじめ、1ヵ月後には正常値になって、担当医に退院を許されたのです。医師は、この変化にすっかり驚いていたといいます。

退院後、Jさんは柴胡桂枝乾姜湯を1ヵ月飲み続け、すっかり元気になりました。

・現代病名:急性肝炎

区切り線

10〈微熱の症例〉

治例図 55歳の女性。

現病歴:日頃からあまり丈夫な方ではないが大病を患ったことはない。2ケ月前に風邪を引き、一応治癒したが、何となく微熱が続き、時々背中に悪寒を感じる。足が冷えて、もう5月になるというのに夜はアンカが離せない。夜は時々寝汗をかく。咳タン共にない。何か悪い病気が隠れているのではないかと心配して来診。

望診:やせ型であまり顔色は好くない。

舌診:舌は湿って赤味が少なく、薄い白苔が付着。

脈診:脈は沈んでいるがやや弦。

腹診:胸部の呼吸音も正常。お腹は軟かく、みぞおちの辺りに少し抵抗があって押さえると痛い。(心下微満結)膀上に動悸を触知。季肋部の辺りもやや緊張(胸脇苦満)。

検査:念のためにレントゲンや検査もしたが全く異常は見られない。この方は体力が弱くて気血共に不足した状態で病気を完全に追い出すだけの抵抗力がないためにカゼ症状が長引いていると考えられた。

処方:微熱と悪寒を取るのに紫胡桂枝乾姜湯を投与した。

経過:約!週間後、熱も寒気もおおかたとれた所で、気虚の微熱を去り、元気をつける目的で補中気益湯を一週間投与して完全に平熱に戻った。

・現代病名:微熱

区切り線

10〈頭痛、鼻汁、咽頭痛〉

治例図 47歳の女性。

二日前から微熱と寒気があり、頭痛、鼻汁、咽頭痛があります。体の節々が少し痛く全身がだるく感じます。咳はありません。何となく身体が汗ばみ、風に当るとゾクゾクと寒気がします。

患者さんはやせ型で、背中の辺りを手で当ると何となく汗ばんだ感じです。

体温は36.8度、血圧116/71で、脈は63/分。脈は軽く触れると榑動しますが、ちょっと押さえると消える浮弱という脈です。

咽頭は少し赤味が増しているようですが、舌は湿って薄い白苔が少し付いていて特別に変わったことはないようです。胸部の聴打診も、漢方的な腹診でも異常はありません。

そこで桂枝湯のエキス剤を二日間飲んで頂きました。とても気分は良くなりましたが、夕方になると微熱があり、夜、寝汗をかいて安眠できないとの事ですので、今度は柴胡桂枝乾美湯のエキス剤を処方し、三日間服用して全快しました。

・現代病名:頭痛、鼻汁、咽頭痛

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク胃寒(寒痛) »
リンク肝気鬱結(肝気鬱滞) »
リンク肝脾不調(肝鬱脾虚) »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

柴胡桂枝乾姜湯

八法和法:和解あるいは調和の作用によって病邪を消除する治法です。

【中薬大分類】和解剤…調和を行う方剤です。和解の方法により病邪を解除する方剤です。少陽半表半裏の邪を解除したり、肝脾不和・脾胃不和を改善するもので、八法の【和法】に相当します。

【中薬中分類】和解少陽剤…感冒の中期(邪が少陽)に用いる和解剤です。往来寒熱・胸脇苦満・悪心・食欲不振・口が苦い等の症状で用います。

八綱分類裏熱(寒)虚(りねつ(かん)きょ) 裏 熱 熱 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、虚証(虚弱)、胸脇苦満(肋骨下部の張り)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)の方に適応します。


気血津液…人体の生命を支える要素として、氣(qi)・血(blood)・津液(body fluid)の3つがあります。
気滞…氣の働きがうまくいっていない方が使用します。氣の循環に停滞をきたした病態です。もっとも気滞に関連が深いのは内傷七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)と呼ばれる精神的ストレスで、「病は気から」と認識されているものです。 内傷七情は情緒系・自律神経系に影響して肝気欝結と呼ばれる抑うつ緊張の状態などを生じさせ、これに伴って各部位の気滞を引き起こします。
津液不足…津液の不足している方が使用します。人体の構成成分の滋潤作用を持つ津液の不足のことで、西洋医学的には脱水に相当します。主に発汗過多、尿量過多、出血が原因で起こります。 状態は口渇・多飲が特徴で、唇や皮膚の乾燥、便秘などの症状が現れます。一般には陰虚の範囲に含まれ、主に肺陰虚・胃陰虚を呈することが多く、暑がりの方に多く見られます。

 

【臓腑弁証】

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】肝熱痰飲兼胃寒(かんねつたんいんけんいかん)

女性  男性 女性の使用が多い方剤です。

【中医学効能(治法)】 和解半表半裏・温裏去寒・生津止汗・疏肝解鬱・安神

【用語の説明】(term)

リンク和解(わかい) »…臓腑の機能を調和させて病邪を除く。半表半裏、少陽証の治療法です。

リンク半表半裏(はんぴょうはんり) »…横隔膜に隣接する臓器で、胃、肝、脾、肺、肋膜、心、食道気管支などです。

リンク生津(せいしん) »…唾(つば)を出させて、咽(のど)の渇きを取ることです。

リンク疏肝解鬱法(そかんげうつほう) »…肝気の鬱結によって起こるイライラ、憂鬱、怒り、ヒステリー、胸脇苦満などの治療法です。

リンク安神(あんしん) »…精神を安定させることです。

リンク痰飲(たんいん) »…痰と飲の総称を表現する言葉です。

リンク胃寒(寒痛)(いかんかんつう) »…上腹部(胃部)の冷感と惨痛を主とするもので胃の陽気の障害によって生じます。胃の平滑筋の痙攣(ケイレン)・副交感神経過亢進などが関連すると考えられます。


診断のポイント

舌 診

【舌診参照】

舌診【舌診】(tongue) 淡紅、やや乾燥し薄い白苔を見ます。

舌診

脈 診

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

柴胡桂枝乾姜湯は、主薬の柴胡と桂枝(桂皮)、乾姜をふくめ、下記の7種類の生薬からなります。
柴胡と黄ごんの組み合わせにより、炎症をしずめる効果が高まり、桂皮は熱や痛みを発散させます。
乾姜は体をあたため体力を補う生薬です。そのほか、気分を落ち着ける牡蛎、のどを潤すか楼根、緩和作用のある甘草などが配合されています。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス3.50gを含有する。
日本薬局方 サイコ(柴胡)…6.0g
日本薬局方 オウゴン(黄ごん)…3.0g
日本薬局方 カロコン(か楼根)…3.0g
日本薬局方 ケイヒ(桂皮)…3.0g
日本薬局方 ボレイ(牡蛎)…3.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…2.0g
カンキョウ(乾姜)…2.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
柴胡  黄芩  リンク牡蛎(3) »  瓜呂根  桂皮  乾姜  甘草 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【柴胡桂枝乾姜湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク柴胡加竜骨牡蛎湯 » …心煩(精神神経症状)があるが、実証。胸脇苦満が著明。

 
 

リンク小柴胡湯 » …より実証。心煩はない。動悸も一般にみられない。(少陽病の正証)

 
 

リンク柴胡桂枝湯 » …時に心煩の症状がみられるが、胸脇苦満と上腹部の腹直筋の緊張(心下支結)があり臍上の動悸はない。

 
 

リンク炙甘草湯 » …動悸が非常に強い。皮膚が乾燥し、虚熱の症状が強い。

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


備 考

【備考参照】

中医師 (remarks)
優れた処方が意外に使われない理由
虚弱体質の人に対して、応用範囲が非常に広く、オールマイティな処方である柴胡桂枝乾姜湯ですが、実際に用いられることは意外に少ない薬でもあります。
漢方に詳しい故・藤平健医師などは、全患者数の3分の1に処方したとされるほど、よく使って治療していたといいます。しかし、そのほか多くの場合は、柴胡桂枝乾妻湯と同レベルである補中益気湯や加味逍遙散の方が好まれて使われる傾向にあるようです。
漢方薬は、その多くが中国で生まれた処方で、古典の『傷寒論』や『金匱要略』に処方解説が掲載されています。柴胡桂枝乾姜湯は、その両方に載っている処方ですが、その解説があまりにも短く簡単すぎて、要領を得にくいといわれているのです。とはいえ、大変使い勝手のよい薬であることは確かですから、医師に相談の上、いろいろと応用してみるとよいかもしれません。

ハル薬局 このページのトップへ