HAL Pharmacy

ツムラ 葛根湯 エキス顆粒(医療用)

  • ツムラ 葛根湯 エキス顆粒(医療用)

    ツムラ:ツムラ 葛根湯 エキス顆粒(医療用)

  • 葛根湯

    葛根湯が適用する自覚症状

  • 個人輸入

    配送は個人輸入です

主 治

【適応症】

感冒鼻かぜ頭痛肩こり筋肉痛、手や肩の痛み、じんましん、、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎角膜炎中耳炎扁桃腺炎乳線炎リンパ線炎)、上半身の神経痛蓄膿症湿疹神経痛偏頭痛気管支炎耳下腺炎水痘涙嚢炎五十肩筋肉リウマチフルンケルカルブンケン皮下膿瘍(ひかのうよう)、高血圧赤痢夜尿症麻疹(はしか)、おたふく風邪

注 文

【注文欄】

●12月29日(木)~1月4日(水)は、ハル薬局実店舗がお正月休みです。
従って、この期間のご注文の発送は1月5日(木)以降になります。

shopping ・ ツムラ 葛根湯 エキス顆粒(医療用)のお買物・
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0617 2.5g×42包(2週間分) 3,045円(税込)
数量
k0745 2.5g×189包(63日分) 10,941円(税込)
数量

*【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【注文↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【注文↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
NP後払い
NP後払い
CreditCardの使用ができるようになりました。
クレジットカード
★送料全国一律500円! 5400円(税込)お買上で無料!   

買物カゴの内容へ ログイン・会員新規登録

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店
●ご注文は、上記買物カゴ、電話、Fax、またはE-メールで承ります。

症例・病例・治癒例

【症例参照】

【葛根湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈鼻下びらん〉

治例図 10歳の少年です。
あまり丈夫な体質ではありませんでした。1年余り前から鼻汁が多くなり、鼻の下がいつもただれ、舌を出してペロリ、ペロリと上唇から人中(鼻の下の穴名)のあたりをなめまわします。
大学の耳鼻科で半年治療を受けたが治りません。
葛根湯を用いますと鼻汁が流れなくなり、3ヶ月で完全に治りました。同時に血色もよくなり、ときどき失敗していた夜尿も治りました。

弁証論治 リンク風寒(表寒)証 »

・現代病名:鼻下びらん

区切り線

2〈中耳炎〉

治例図 3歳の男の子です。
カゼのあと中耳炎となり、耳鼻科に通院していますが、長びいています。
左の耳から排膿しているだけで、食欲もあり、元気です。腹部も大小便にも変化がないです。
葛根湯の服用で排膿が止み、20日ほど服用して全快しました。

・現代病名:中耳炎

区切り線

3〈肩こり・首の痛み〉

治例図 A子さん(35歳・女性)はある研究所に勤めています。
日常的にコンピュータに接する機会が多く、デスクワークのために姿勢は悪くなり、目が疲れ、慢性の肩こりに悩まされていました。肩のこり方はかなりひどい方で、首も痛み、そのため夜もよく眠れないというものでした。
体格はよく、丈夫なタイプなので漢方薬の葛根湯を勧められて飲み始めると、1週間ぐらいで肩の筋肉の緊張が取れ、肩こりがぐっと楽になりました。同時ににきびも治り、肌まですべすべになりました。体調がよいので、その後2ヵ月ほど続けて服用しています。

・現代病名:肩こり・首の痛み

区切り線

4〈葛根湯で腫れがひいた〉

治例図 主婦のTさん(28歳)は、先月、右の乳房がまつ赤に腫れて痛みはじめました。
抗生物質の副作用に悩まされた経験のあるTさんは、病院を訪ねて漢方治療を希望しました。
首と肩がこることと体力も食欲もあることから、Tさんには葛根湯が処方されました。効果はすぐに現れ、乳房の腫れが引き、3日目には痛みも消えました。しかし、まだ胸にしこりがあるため、引き続き排膿蔽及湯を服用することになりました。すると、服用して3日目で残ったしこりもすべて消えてしまったそうです。

・現代病名:乳腺炎

区切り線

5〈”頭の一部に寒気”は葛根湯で治る〉

治例図 Yさん(42歳・男性)は1週間ぐらい前から、頭の部だけに寒気を感じるようになりました。
ほかに症状がないので、初めは気にしないようにしていましたが、なかなか治らないため、かかりつけの漢方研究医に診てもらったところ、かぜのひきはじめであることが分かりました。
葛根湯を処方してもらい、それを服用すると、汗がじわっと出て、同時に頭の寒気もなくなったのです。「風邪が体表に取り付いたのだが、体の奥まで入り込まなかったために起こっていた症状だ」と説明されて、Yさんは納得したようです。

弁証論治 リンク風寒(表寒)証 »

・現代病名:風邪の初期

区切り線

6〈葛根湯を飲み5日間で回復〉

治例図 M子ちゃん(4歳)とK子ちゃん(7歳〕姉妹がはしかにかかり、ほぼ同時に発症しました。

姉妹ともに38℃程度の熱があり、M子ちゃんは汗を多くかき、K子ちゃんはほとんど汗をかいていないという状態でしたが、どちらかというとM子ちゃんの方が症状は重いようでした。

母親が自宅近くの漢方薬局で相談すると、普段から、ころころ太って元気なM子ちゃんには葛根湯を、あまり丈夫ではないK子ちゃんには桂枝麻黄各半湯を勧められました。

するとM子ちゃんは1晩で発疹が体中に現れましたが、ふとんの中で元気に過ごし、5日間ほど葛根湯の服用を続けて回復しました。

一方、K子ちゃんも桂枝麻黄各半湯を6日間服用すると、短期的な高熱と発疹に襲われましたが、内攻を起こすことなく元気に回復したのです。

弁証論治 リンク風寒(表寒)証 »

・現代病名:はしか

区切り線

7〈葛根湯で下痢を治療〉

治例図 サラリーマンのAさん(42歳・男性)は、この1週間ほど、かぜの諸症状と下痢、腹痛に悩まされ、会社も休みがちでした。病院へ行っても、なかなか症状は治まりません。

そこで漢方薬局で相談したところ、薬剤師は「汗をあまりかかないようなので、体液が腸内にたまって、下痢をしゃすいのです。腸内の水分代謝を高めましょう」と葛根湯を処方してくれました。

すると 驚いたことに、わずか3度の服用で便が固くなりはじめ、腹痛も解消しました。

・現代病名:下痢

区切り線

8〈葛根湯を服用し、足湯と首にタオルで完治〉

治例図 検事のYさん(50歳・男性)は、担当した事件が大詰めに近づき、毎日多忙な日が続いていました。

1ヵ月ほど職場に寝泊まりしてがんばっていましたが、ようやく区切りがついて打ち上げとなった夜、同僚としたたかにお酒を飲んで久し振りに帰宅、そのままうたた寝をしてしまったのです。

翌朝、起きてみると顔の右側に違和感があり、触ってみたところ、感覚がないのに気づきました。

そこで、あわてて近所の漢方薬局で相談したところ、葛根湯を勧められたのです。日常生活では、足湯をすることと寝るときにはタオルを首に巻いて寝るようにといわれました。

Yさんがこれらを1週間続けたところ、顔の違和感は取れたのです。

その後は、夏場だったのでエアコンの風が直接顔にあたらないように、寝るときに顔をタオルでカバーするようにして寝ていると、1ヵ月で治りました。

・現代病名:顔面神経麻痺

区切り線
このページのトップへ

弁証論治

【弁証論治・概要】

中医学(漢方)の治療目的は病邪を取り除き、病因を消し去り、陰陽陰陽(positive and negative principles)のバランス(balance)の乱れを正し、相関する臓腑の生理機能を調和・回復させることです。 中医学(漢方)の特徴は、身体全体を診るということです。 身体全体の調子(バランス)を整え、病気を治していきます。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの身体の状態や体質をあらわすのが(しょう)(constitution)という概念です。 この考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 中医学(漢方)の良さは、薬そのものよりも、証にもとづき人を診るという、その考え方にあります。

弁証論治…症状・所見→四診→証→治法→方剤
リンク風寒(表寒) »
リンク寒邪犯肺・風寒束表 »
リンク太陽病(傷寒) »

【自覚症状図】

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

葛根湯

八法汗法:肺気を宣発し営衛を暢調にして膜理を開泄することにより、「遍身にちゅうちゅうと汗出づ」の状態にし、肌表にある外邪を汗とともに解除する治法です。

【中薬大分類】解表剤…発汗、解肌、透疹等をうながして、初期の感冒等表証に対処する方剤です。主に外感病の初期に使用します。

【中薬中分類】辛温解表剤…温めながら解表(体内表面の邪気を除く)する方剤です。風寒表証(表寒)に用います。

八綱分類表寒実(ひょうかんじつ) 表 寒 寒 実 …証(体質・症状)が、表証(急性)、寒証(悪寒)、実証(体力中くらい以上)の方に適応します。


 

【臓腑弁証】

●中医学の基礎を知りたい方は、次のページを参照ください。
リンク五臓(ごぞう) »  リンク気・血・津液・精 »  リンク弁証論治・事典 »

【証(病機)】外感風寒兼胃熱(がいかんふうかんけんいねつ)

【中医学効能(治法)】 辛温解表・生津・舒筋・疏散風寒・解肌

【用語の説明】(term)

リンク風寒感冒(ふうかんかんぽう) »…寒の邪気による風邪のことです。⇒解表散寒。

リンク解表散寒(げひょうざんかん) »…辛温解表と同義です。寒さの邪気による風邪の場合に体表にある寒邪を追い出すことです。

リンク生津(せいしん) »…唾(つば)を出させて、咽(のど)の渇きを取ることです。

リンク舒筋(じょきん) »…筋肉の動きを伸びやかにすることです。


診断のポイント

舌 診

【舌診参照】

舌診【舌診】(tongue) 湿潤、時にやや乾燥、辺縁紅色、時に薄い白苔です。

舌診

脈 診

【脈診参照】

脈診【脈診】(pulse) 浮緊、慢性病は浮でなくてよいです。

使用方法

【使用方法参照】

正しく使用 食前または食間に服用 食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2~3時間を指します。
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する
お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。
●初回服用して、発汗しなければ二時間後に再度服用して、それでも発汗しなければ二時間後に再々服用します。


このページのトップへ

成 分

【生薬参照】

葛根湯は、主薬の葛根をはじめ、下記の7種類の生薬からなります。
薬理的に重要な役割をする麻黄には、交感神経刺激薬のエアェドリン類が含まれます。この成分は、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用を示し、咳やゼイゼイする喘鳴をおさえます。そのほか、おだやかな発汗・発散作用のある桂皮、痛みをやわらげる芍薬などが配合されています。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス3.75gを含有する。
日本薬局方 カッコン(葛根)…4.0g
日本薬局方 タイソウ(大棗)…3.0g
日本薬局方 マオウ(麻黄)…3.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…2.0g
日本薬局方 ケイヒ(桂皮)…2.0g
日本薬局方 シャクヤク(芍薬)…2.0g
日本薬局方 ショウキョウ(生姜)…2.0g

【組成成分】…次図をクリックすると各生薬の詳細説明にリンクします。
麻黄  桂皮  生姜  芍薬  大棗  甘草 

このページのトップへ

製剤・薬剤形状

【製剤・薬剤形状参照】

〈顆粒剤〉

顆粒剤 顆粒剤…散剤を粒状に加工して大きさを揃えたもので、サラッとして飛び散りにくく飲みやすい薬です。粒を特殊な皮膜で覆い、溶けやすくしたものもあります。薬が口・食道に貼り付くのを防ぐために、あらかじめ水またはお湯を飲んで口・食道を湿らせてから、口に水またはお湯を含み、薬を口に入れて、水またはお湯と一緒に飲み込むようにしてください。

このページのトップへ

使用上の注意

【注意参照】

慎重投与
(次の患者には慎重に投与すること)
1.病後の衰弱期、著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]
2.著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐等があらわれることがある。]
3.食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
4.発汗傾向の著しい患者[発汗過多、全身脱力感等があらわれることがある。]
5.狭心症、心筋梗塞等の循環器系の障害のある患者、又はその既往歴のある患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
6.重症高血圧症の患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
7.高度の腎障害のある患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
8.排尿障害のある患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
9.甲状腺機能亢進症の患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。]
【重要な基本的注意】
1.本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。
2.本剤にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値等に十分留意し、異常が認められた場合には投与を中止すること。
3.他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。 

【妊娠・授乳の注意】女性
●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

このページのトップへ

補足説明

【関連項目参照】

まばたき

微笑み

 
区切り

足跡【葛根湯類似処方の紹介】…次の方剤は、使用目的が本方剤に比較的近い方剤です。あなたの症状とともに、比較検討してください。
 

リンク麻黄湯 » …より実証。項背部のこわばりより、筋痛、腰痛、関節痛が著明。喘咳がある。

 
 

リンク桂枝湯 » …表寒虚証、病変が体表の浅い部分にある。自汗有り、脈浮緩。

 
 

リンク麻黄附子細辛湯 » …感冒様症状があるが、発熱少く悪寒が強い。表証+少陰病で脈が沈。

 
 

リンク銀翹散 » …温病系風邪(風熱(表熱))辛涼解表剤、上焦風熱、衛分証、気分証に使用。熱感があり、悪寒はない。口渇、咽痛、咳嗽がある。感冒、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃腺、流行性耳下腺炎等。

 
このページのトップへ

製薬会社・電話

【問合せ先参照】

問合せ先 (お客様相談窓口) 0120-329-930
 又は 03-5574-6600

受付:午前9時~午後5時30分
(土・日・祝日および弊社休業日は除きます)


備 考

【備考参照】

中医師 (remarks)
生薬の相互作用が優れた効果を生む
葛根湯の優れた効果は、生薬の組み合わせで生じた相乗効果や相互作用から生み出されています。例えば、主な構成生薬の葛根には、発汗・解熱作用と、首や肩、背中の筋肉の緊張をほぐす作用があります。加えて、麻黄と桂枝にも発汗・解熱作用があり、相乗効果が得られます。そのため、汗が気持ちよく出て、熱が下がり、頭痛や関節痛などが改善されるのです。
また、巧薬、大喪、甘草は滋養強壮効果がある生薬ですが、一方で過度の発汗を抑える作用があり、バランスを保つ役割を果たしています。その上、麻黄に含まれるエフェドリンという成分には覚醒作用があるため、服用後に眠くならず、車を運転する前などでも安心して服用することができます。このような優れた効果は、絶妙な生薬の配合からなる漢方薬ならではの魅力といえるでしょう。
漢方薬を選ぶには、その病気になってどのくらいたつのかといった「病期」も重要です。葛根湯は病気の初期(かぜならひき始めて半日から遅くても1日ぐらい)に用いる漢方薬です。ですから、かぜをひいてから数日たって体力が落ちているような場合には、効果はあまりなく、逆に脱水症状に陥ったり、体力がさらに衰えてしまったりすることがあります。葛根湯の効果を十分に発揮させるためにも、適切な使用時期を守るよう心掛けましょう。

ハル薬局 このページのトップへ